卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子を選ぶにあたって|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 車椅子を選ぶにあたって

車椅子を選ぶにあたって

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
車椅子の種類について 自走用・介助用

車椅子は、大きく分けて手動と電動のものがあります。
手動のタイプは、基本的に自走用・介助用に分かれており、 自走用は医療機関などでよく目にすることも多い形で、 車輪が大きく自分で移動操作ができる車椅子です。
自走用を選ぶ際は、座った時に足がしっかりと床に着き、 蹴ることができる形を選べば、足でずって進むことも出来ます。
足でずって進み、多少のリハビリのようなことをする人も多いようです。 そんな場合には足がつきやすい高さの低い低床の車椅子を選ぶといいかもしれません。
介助用の場合は、自分で操作できない車輪の小さなタイプです。 こちらの場合は、車椅子を一日どれくらいの時間利用するかが 決めるポイントとなってきます。 長い時間使う場合には自分で移動できませんので、 その分、シートのクッション性や、振動などの乗り心地等が重要なポイントです。

自走式車イス
車椅子の利用時間に応じた座り心地の大切さ

長く座ることはなく外出時だけに少し使用する場合は、 やはり移動させやすい軽量でコンパクトなタイプがお勧めです。
逆に、ほとんど車椅子で過ごすことが多いのならば、 体にかかる負担が少なく、楽な姿勢を保つことができる形を選ぶようにします。
まず、健康な方が座ってみて、座り心地はどうか、安定しているか、 ブレーキの位置、床との高さ、楽な姿勢を保つことができるか、 安全に使用することができるかをしっかりと確かめてから、 利用する方に座ってみてもらいましょう。
多少はクッションなどで乗りごこちを補強することはできますが、 やはり必要に応じて、購入の前にゆったりくつろげる機能のある、 リクライニングができる車椅子などを検討されるほうが良いと思います。

車椅子を選ぶにあたって
耐圧分散クッションもおすすめ

体の大きさや状態などでも変わってきますので、 使う側に立ってしっかりと選ぶことが大切になってきます。
また、先程も少し例に出しましたが、車椅子をより使いやすくするために 車椅子用クッションなども販売されています。 座布団のようなものでは褥瘡の原因となりかねませんので ちゃんとした専用品を選ばれると良いと思います。
褥瘡を予防し、ズレを防いだり、お尻にかかる耐圧を分散してくれますので、 クッションの座面にしくことで痛くなりにくくなります。
洗濯ができるクッションもありますので大変便利です。 暗めの色なら汚れが目立たちにくいです。 個人的には明るいカラーや柄のものを選ぶと、楽しい気分で使えるのでお勧めです。

車イス用クッション

この記事に関連したオススメ車椅子用クッション

選べる4色

【日本ジェル】ピタシートクッション55
ピタシートクッション55
詳細はこちら