卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 車いすの欠点

車いすの欠点

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
車いすのタイヤについて

車いすの欠点を知って快適な環境を作りましょう。
車いすにもたくさん種類があります。全てが全ての人に合うとは限りません。
また、車いすの中でもこの機能は優れているけれどもこの機能がない、 など各車いすごとの特徴があります。
例えば後輪の種類についてです。 まずはエアータイヤの車いすです。
エアータイヤはクッション性がよく、 野外で使用されても車いすの衝撃を軽減することができます。
しかしながら、エアーなので使用するとだんだん抜けてきてしまいますので、 メンテナンスとしてちょくちょく自転車と同じように空気を補充しなければなりません。 空気が抜けると駐車ブレーキが効かなくなってしまい 危険ですのでこれは必須事項となるでしょう。
また、鋭利なものを踏んでしまった場合パンクをするおそれもあります。
自転車屋さんなどに修理に出したりするのでその間使用できなくなるおそれがあるのです。

車椅子のイメージ
エアタイヤとノーパンクタイヤ

ここで、最近は主流になりつつある車椅子のタイヤで、 ノーパンクタイヤという、パンクの恐れと メンテナンスの面で強いタイヤがあります。
エアーには走行性・クッション性は若干劣りやはり固めです。 しかしながら最近ではメーカーの開発により エアタイヤと遜色のないとも言える乗り心地を実現されています。 また、パンクはしないしメンテナンスが楽になる、 という最良のメリットがあり大変人気です。
中には改良されて静止製、耐久性に優れた ノーパンクタイヤも開発・販売されています。
また、多少の振動等は耐圧分散のクッションを 引くことにより改善されることも多いようです。 クッションを引く際には前座高(足元の高さ)が高くなりすぎないか、注意が必要です。 また、ノーパンクタイヤはどうしてもエアタイヤよりも 重量は重めとなりますので、重量はチェックすべきポイントとなります。

エアタイヤのイメージ
必要な機能を見極める事が大切

このようにタイヤだけでなく、車いす の機能はたくさんありますが 必要なものを見極め予算内で購入する事をおすすめします。
介助ブレーキや、折りたたみ機能、タイヤの大きさなど、 この機能ついてるかな?必要かな?などありましたら、 車いすの選び方など調べてみたり、 掛かり付けの病院や施設、販売店や専門の方に聞いてみると答えが出るかもしれません。
また、展示場などもあるようでしたら一度試してみるのが一番良いと思います。 最近ではどの車椅子も乗り心地が良くなってきていますから、 考えすぎも良くないのかもしれませんが、利用者にあわせた 最善の車椅子とは自分の考えだけでは足りないのかもしれません。

ノーパンクタイヤのイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

使う人を考えた設計!安心&信頼のマキライフテックブランド車椅子。

【マキライフテック】セレクトKS20シリーズ 自走式車椅子
【マキライフテック】セレクトKS20シリーズ 自走式車椅子
  • 介助ブレーキなし
【マキライフテック】セレクトKS20シリーズ 自走式車椅子