卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> スロープについて

スロープについて

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
車椅子とスロープについて

斜路 (しゃろ)とは、進行方向に人間が認識できる程度以上の 勾配を持つ道路または通路のことです。
歩行者通路の場合 スロープ という言い方の方が普及していますね。
車椅子や、歩行車などの走行補助具のために造ったものを、 大きくバリアフリーと呼ぶことが多いでしょう。
スロープにもいろいろあり、場面にあわせて適切なものが必要となります。
特に必要面積が少ない場合どうしても勾配がきつくなってしまいます。
そういった場合、車椅子の脚部などが地面に当たってしまうだけでなく、 車椅子が勝手に転がってしまう危険が生じます。 そこで、直線ではなく曲線、湾曲してあるスロープを用い 勾配をできるだけなくすようにします。
外出時に使える持ち運び可能な簡易スロープもあるようですね。
最近ではどこのショッピングセンターでもバリアフリー化が進み、 駅にはスロープが設置されるようになりました。
これは車椅子や歩行車を使用される方にももちろん、 ベビーカーなどを利用される親御さんにも、便利な仕様となっています。
昔ながらの駅などでは、スロープがなく車椅子を駅員に持ち上げてもらい運んでもらわないと、 乗ることが出来ない駅もあり、車椅子の方などの大いな外出の妨げとなってしまいます。
普段健常者は考えもしないことでしょうが、 車椅子などを利用される方にとっては少しの段差も危険な悪路です。
あらゆる場面を想定し、ユニバーサルデザイン化が進んでいくことを願っています。

スロープのイメージ画像

この記事に関連したオススメ車いす

100kg耐荷重でありながら軽くてコンパクト、安心な9.0kgの車椅子。

【片山車椅子製作所】KARL カール 介助式 KW-903B
【片山車椅子製作所】KARL カール 介助式 KW-903B
  • 介助ブレーキつき
  • 軽量
【片山車椅子製作所】KARL カール 介助式 KW-903B