卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 介助式車イスの見極め

介助式車イスの見極め

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
介助式車イスを使う目的

介助式車イスは、体が不自由な人もしくは 「自分で車イスを操縦することが難しい人」、 または車イスをコンパクトに畳みたい人に便利です。
また、「自分で歩くことはできるけれど、長時間になると助けが必要」という人も、 介助式車イスを利用することが多いようです。
何らかの事情で体が不自由になると、どうしても外出や移動が辛くなりますが、 補助として車イスを使うことは、人の行動範囲を広げることにもつながります。
しかし、一方で「安易に車イスに頼る生活はどうか」という 意見があることも、お伝えしなければなりません。
自分で歩く能力があるのに、それをせずに車イスに乗ってしまうと、 どうしても足の筋力が衰えやすくなってしまいます。

介助式車イスの画像
安易に車イスを使うと筋力の維持を妨げることにも

歩くための筋力、その力を維持するためには 「できる限り、自分で歩いて筋力を鍛える」という努力をしなくてはなりません。
介護の世界でも、自分でできることはできるだけ自分でさせること、 というのが基本になっています。
これにはきちんと意味があり、あまり早いうちに人や道具に頼った生活をしてしまうと、 せっかく残ったその人の身体能力が衰えてしまうからなのです。
特に介助式車イスの場合、自分でハンドリムを回して移動する 自走式車イスとは違い、運転を介助者に任せることになります。
その段階で、介助式車イスを利用することがはたして いいことなのかをもう一度考えてみて下さい。

老人の画像
使うべき時期を見極めましょう

車イスの前に、歩行車と言う歩行を補助してくれる 歩行補助道具を使う、という手もあります。 こちらを使えば足の筋力を保持することができます。 まだ体力的に余裕がある場合には、車イスより歩行車が良いでしょう。
車イスを使うにしても、すべてのシーンで使うのではなく 「どうしても必要な時だけ使う」ということを徹底しないと、 今度は「自分の力で立つ」ということを避けるようになってしまい、 残った筋力を支えることができなくなってしまうでしょう。
介助式車イスは確かに移動に便利なものですが、 「今使うべきなのか」を見極めることは大切なことです。

希望のイメージ画像

この記事に関連したオススメ車いす

脚部スイングアウトと肘跳ね上げ機能付き。移乗がしやすい車イス。

【Care-Tec Japan/ ケアテックジャパン】自走式アルミ製車椅子 コンフォート CAH-50SU
【ケアテックジャパン】自走式アルミ製車イス コンフォート CAH-50SU
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
【ケアテックジャパン】自走式アルミ製車イス コンフォート CAH-50SU