卸売りだから出来る最大80%割引!

車イス卸センター> 場面に応じて車イスを選ぶ

場面に応じて車イスを選ぶ

車イスのまつわる話のタイトルイメージ
必要なシーンだけ車イスを利用する

介助式車イスを利用するのであれば、 「必要なシーンだけ利用する」という選択も。
生活の中で、「どうしてもここは車イスを使いたい」というところがありますよね。
そういう時だけ、介助式車イスを使うというのはどうでしょうか。
よく言われるのが「お風呂」の問題ですよね。 お風呂というのは滑りやすく、高齢者が事故にあいやすい場所のひとつです。 高齢者が転ぶと骨折しやすく、また骨折をした部分が治りにくいという問題点がありますよね。 完全に治りきらず、引きずってしまう人も多いと言われています。
お風呂のときだけ介助式車イスを使うというのはいかがでしょう?

お風呂場のイメージ
お風呂のときには

最近では介護の現場や自宅でもどこでも快適に生活の支えとなるよう、 お風呂専用の「濡れてもいい車イス」というものも開発されています。
この車イスは、椅子部分や背もたれがプラスチックでできています。
このプラスチックは取り外すことができ、 洗うことができるので清潔さを保つことが可能です。
お手入れが簡単なところも、介助者の負担を軽減することに役立っています。

お風呂用車イス
使い分けて安全かつ楽に

「普段の生活は歩いているけれど、 お風呂のときだけは安全性を重視したい」という時に、 この車イスはとてもオススメです。
介助者も、椅子に座らせながらシャワーができるので 楽に作業ができるのが良いですね。
この様に「場面に応じて車イスを使う」ということも大事なことです。

お風呂のイメージ

この記事に関連したオススメ車いす

お風呂・シャワーに便利

【MiKi/ミキ】お風呂用車いす シャワーキャリー MHC-46
【MiKi/ミキ】お風呂用車いす シャワーキャリー MHC-46
  • 介助ブレーキなし
  • ノーパンク
【MiKi/ミキ】お風呂用車いす シャワーキャリー MHC-46