卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 軽量化が進む介助式車イス

軽量化が進む介助式車イス

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
介助式車イスとは

介助式車イスとは、介助者が操作をする車イスのことです。
自走式車イスは、自分で車イスを操作するために後輪が大きく作られており、 車輪を回して前に進むためのハンドリムが取り付けられています。
しかし、介助式車イスは介助者が後ろから押して進むことが前提となっているため、 車輪の大きさが16センチ程度と小さめ。
体に麻痺があるなど、 自分で車イスを操ることができない人が利用する車イスですね。
このことから、利用者にとって乗り心地がいいことはもちろんですが 「介助をする人にとっても利用しやすい」ということを重視して作られています。

コンバクト車イスの画像
軽さとコンパクトさを重要視

介助式車イスといってもいろいろな種類がありますが、
やはりいろいろなものを見ても「軽いこと」「コンパクトに折りたたむことができる」 という点を重視して作られているものが多いです。
車のトランクに折りたたんで入れることができるコンパクトさ。 女性でも簡単に持ち上げることができる軽さ。
この二つは、介助式車イスを選ぶうえで利用者と介助者がかならず重視するポイントです。
車イスを使って旅行をした時に車イスがタクシーのトランクに乗ることや、 介助者が一人で畳んで車に積むことができるということは重要なことなのでしょう。

自動車のトランク画像
メーカーの開発努力の反映

このため、販売されている車イスもこの二点を強調して作られています。
軽量化に関しては、素材を工夫するなどして次々と軽いものがつくられていますし、 コンパクトさも「できるだけ簡単に折りたためて、 小さくすることができる車イス」が多く開発されるようになりました。
少しでも利用者・介助者にとっていいものをという車イスメーカーの技術者の気持ちが、 しっかりと車イスに反映されるようになってきています。

開発のイメージ画像

この記事に関連したオススメ車いす

折りたためば軽自動車にラクラク積めます。

【MIWA/ミワ】 介助式 車椅子 ミニポン HTB-12
【MIWA/ミワ】 介助式 車椅子 ミニポン HTB-12
  • 介助ブレーキつき
  • 軽量
【MIWA/ミワ】 介助式 車椅子 ミニポン HTB-12