卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 介助者・利用者ともに快適に

介助者・利用者ともに快適に

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
モジュール式車椅子

「より利用者と介護者にとって使いやすいものを」という観点から、 「その場で車椅子の部位を調整することができるもの」も作られるようになっています。
車椅子というのは、利用者の体型や体重、身長などによって使いやすいものが変わります。
これは介助者にとっても同じで、車椅子のレバーを押すのにちょうどいい高さかどうかなど、 使いやすい車椅子を探すというのは難しいことなのです。
そこで、松下電工株式会社が開発したのが「その場でサイズ調整をすることができる車椅子」の存在。
この車椅子であれば、自分の体型に合わせてきちんとサイズを整えることが可能です。

サイズのイメージ画像
より快適な使用のために

自分に合わない車椅子に長時間のっていると、お尻が痛くなることもありますし、 また腰が痛んだり、姿勢の維持が難しくなることもあります。
介助者にとっても、車いすのハンドルがちょうどいい高さにないと腰を痛めますので、 そのことを考えれば「その人に合わせた細かい調整をすることができる車椅子」が一番都合が良いのです。
より快適に乗ることができて、介助ができる。 そのことにスポットを当てた介助式車椅子が続々と販売され、利用者の生活を助けています。
今では多くのメーカーより、モジュール車椅子として、座幅の調節できるものや、 押し手の高さ、または前座高の高さの調節の可能な物も開発されております。 個人の体に合わせて使用できますので、施設や病院、 または車椅子を利用しているうちに体型が変わってしまった場合などでも重宝されています。

快適のイメージ画像

この記事に関連したオススメ車いす

手押しハンドルの位置が調整でき介助者の負担を軽減。

【MiKi/ミキ】押し手高調整機能付介助式車いす UR-4
【MiKi/ミキ】押し手高調整機能付介助式車いす UR-4
  • 介助ブレーキつき
  • スイングアウト
【MiKi/ミキ】押し手高調整機能付介助式車いす UR-4