卸売りだから出来る最大80%割引!

自動ブレーキ車椅子で安心|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 自動ブレーキ車椅子で安心

自動ブレーキ車椅子で安心

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
自動ブレーキ付の車椅子

車椅子のブレーキは、介助ブレーキ・駐車ブレーキとありますが、
駐車ブレーキをかけ忘れ、利用者が立ち上がると
車椅子が少しの力で車椅子が動いてしまいバランスを崩し、
事故へつながる可能性があります。
そんなブレーキのかけ忘れを防ぐために、様々なメーカーが
自動的にブレーキがかかる商品を販売しています。

自動ブレーキの仕組み画像
カワムラサイクル【忘れ騎士(わすれないと)】

カワムラサイクルの【忘れ騎士2シリーズ】などは
一見普通の、車椅子に見えますが、
押し手レバーに自動ブレーキ装置がついています。
【WDSシリーズ(介助用)】
・押手レバー ブレーキレバー付
・ディスクブレーキ付
※介助用には座面下センサー・サイドレバーはついていません。

カワムラサイクルの忘れ騎士2シリーズ画像
座面下にセンサー付き

【WDS2シリーズ(自走・介助兼用)】
・押手レバー ブレーキレバー付
・ディスクブレーキ付
・座面センサー
・サイドレバー
自走介助兼用(WDS2シリーズ)は、座面下センサーが付いています。
利用者が立ち上がると、座面下センサーが働き、
自動的に駐車状態になります。
その後座っても駐車状態のままなので(勝手に解除されません)
車椅子が勝手に動かず安心です。

自動ブレ―キのイメージ
走行するには

走行する際は、座った状態でサイドレバー(駐車ブレーキ)を
解除すると走行が可能になります。
WDS2・WD2共通機能の[押手レバー ブレーキレバー]
押手レバー(赤い部分)をさげると走行が可能なため、
うっかり坂道で押手を手放してしまっても、ディスクブレーキが
自動的にかかり車椅子が静止します。
どれだけ気をつけていても、うっかりミスをしてしまう時があります。
そんなうっかりで、大事故につながってしまう事も少なくはありません。 また、車椅子の利用者はご年配も多く、骨折による寝たきりの原因となってしまいます。 うっかりミス対策として、忘れ騎士シリーズはおすすめです。

自動ブレーキ車椅子のイメージ

この記事に関連したオススメ車いす

自動ブレーキシステム付。ブレーキ操作のヒヤリハットを防ぎます!

【カワムラサイクル】忘れ騎士2 BMタイプ
【カワムラサイクル】忘れ騎士2 BMタイプ
  • 介助ブレーキつき
【カワムラサイクル】忘れ騎士2 BMタイプ