卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 車椅子 種類

車椅子 種類

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
車イスの種類いろいろ

今回は車椅子の種類についてのご案内です。
・スチール自走式
一般的によく目にすることのあるタイプの車椅子です。
自由度はあまり高くはないが、シンプルで価格もリーズナブルです。
多くのものに背折れ機能と、介助者ブレーキがありません。
・自走式
20~24インチほどの後輪で、利用者自身が操作するタイプの車椅子ですが、
もちろん介助者に押してもらうことも可能です。 車輪が大きいため、重量などは介助式に比較し多少重いですが、 大きい分、回転する力が大きく介助者に押しやすいと言う利点があります。
介助ブレーキがあるタイプは自走介助兼用と表記されている場合もあり、昨今の主流となっています。

自走式車椅子のイメージ
機能や目的別に違ってきます

・介助式 介助者が押すことだけで動かすことのできる車椅子のタイプです。
そのため車輪にハンドリムはついておらず利用者本人で走行させることができません。
後輪のサイズも小さいため小回りもきき、軽量で持ち運びに大変便利です。 小回りは効きますが車輪が小さい分、段差などの乗り越えは不得手です。
・モジュールタイプ
利用者の体格や障がいに合わせて細かくサイズの調整できるタイプの車椅子です。
ある程度の症状の変化などに対応できるような作りになっていますが、 車椅子により、モジュールできる場所が変わってきますので、購入の際には注意が必要です。
また、素人が変更するには難しい事もありますので、 施設の専門知識のある方に変更していただく必要があります。

モジュール車椅子のイメージ
いろいろな機能付

・リクライニング/ティルトタイプ
座位の姿勢を保持できない方や、お尻にかかる体圧を車椅子を傾けることにより、 背中へ分散などを行うためのタイプです。 また、ゆっくりくつろいで座っていたい利用者にも向いています。
・電動タイプ
電気モーターで移動できる車椅子です。
車輪サイズに関係なくスティック操作で自走する自走式と
介助者用の負担を軽減するための介助操作スティックもついているタイプもあります。
大変便利のよい車椅子ではありますが、地面の近い車椅子は6kmの時速でも 予想以上に早く感じられるため、ご年配の方が操作する際には注意が必要になります。
また、家庭用電源で簡単に充電できますが、重量が20キロ以上と大変重くなりますので、 持ち上げる際や、充電が切れた際などに移動させる際には注意が必要です。

リクライニング車椅子のイメージ

この記事に関連したオススメ車いす

肘掛け(標準型)脱着仕様。簡易ストレッチャーとしても使用できます。

【カワムラサイクル】RR40シリーズ RR42-N
【カワムラサイクル】RR40シリーズ RR42-N
  • 介助ブレーキなし
  • エレベーティングスイングアウト
  • フルリクライニング
【カワムラサイクル】RR40シリーズ RR42-N