卸売りだから出来る最大80%割引!

デスク型車いすについて|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> デスク型車いすについて

デスク型車いすについて

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
車いすでテーブルにつくとき

車いすに乗ってみるとわかることだと思いますが、 車いすに座ってテーブルへ向かう際のテーブルの高さと、 車いすのアームレストの高さの関係についてです。
車椅子の高さによってはアームレスト(肘掛)がテーブルの 天板にぶつかってテーブルの下に車いすが入らず、 テーブルまで体が届かない場合が多々あります。
その際、モジュールタイプや跳ね上げ式の車いすだと、 アームレストを下げたり、跳ね上げたりすることで テーブルへ身体を近づけることができますが、 跳ね上げ機能がない場合、車いすに乗ったまま机につくことはなかなか難しいことです。
車いす用のテーブルを新調し解決する方法も有りますが、 テーブルの天板が高くなってしまい、作業や食事がしにくくなると思います。

画像の名前
デスク型車いすとは

車いすのアームレストの中には[デスク型]というものがあります。
アームレストの前方が下がっているので、 テーブルの奥まで車いすを置くことができますし、 高さが一低くなっていますので、 利用者がつかまり立ちやすくなる場合も多いようです。
この形であれば机の高さ、座高の高さも問題なく作業を行うことができます。
他にも、メーカーによってはオプションとして 天板を調節する事ができるテーブルも販売されています。
天板を下げるときはダンパーの動きでゆっくり下がるので指を挟む心配もありません。
たくさんの人とお食事をする・作業をすることで、心も身体も充実します。テーブル選びも大切かもしれません。

画像の名前

この記事に関連したオススメ車いす

肘掛け(デスク型)脱着仕様。簡易ストレッチャーとしても使用できます。

カワムラサイクル】RR50シリーズ RR53-DN
カワムラサイクル】RR50シリーズ RR53-DN
  • 介助ブレーキなし
  • エレベーティングスイングアウト
  • フルリクライニング
カワムラサイクル】RR50シリーズ RR53-DN