卸売りだから出来る最大80%割引!

自走介助兼用車イスの介助ブレーキ|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 自走介助兼用車イスの介助ブレーキ

自走介助兼用車イスの介助ブレーキ

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
自走介助兼用車イスってどんな車イス?

自走介助兼用車椅子とは、自走式の車イスにもなり、 介助式の車イスとしても使うことができるもののこと。
自走式車イスの背中部分にハンドルがついていて、 これを押すことで介助者が走行のお手伝いをすることができます。
ハンドルにはブレーキがついていて、利用者だけでなく 介助者の意思で車イスの走行を止めることが可能になっており、 これが自走式車イスとの大きな違いになっています。
後ろから車イスを押していると、自然にスピードが 出て急には止まれないことがあります。
また、利用者が気づいていない危険に介助者が気づき、 車イスの走行を止めたいと考えることもあります。
そんな時は、介助者がブレーキを使うことで車イスの動きを止められます。
利用者・介助者のどちらの意思でも車イスを動かすことができ、また止めることもできる。
これが自走介助兼用車イスのメリットと考えて良いでしょう。

自走介助兼用車イス
介助ブレーキを使う状況とは

一見して同じように見えますが、介助ブレーキにもいろいろな種類があります。
メーカーにより呼び名は様々ですが、 一番主流となるタックルブレーキは、車椅子のタイヤに 金属やその他の素材を押しつけて制動するブレーキです。
エアタイヤの場合にはしっかり空気が入っていないとブレーキが利きづらくなり危険です。 タイヤが濡れる雨天も、摩擦力が下がるためブレーキが聞きづらくなる恐れがあります。

介助者が弱い力で操作が可能なドラム式ブレーキは 車輪の真ん中、ハブ部分に設置されたドラムブレーキを操作するブレーキです。 坂道や雨の日でもしっかり制動してくれるブレーキです。
ディスクブレーキは自動車や飛行機などにも使用されているブレーキです。 車椅子に使用されることは多くありませんが、 車輪と回転する金属の円盤部分を、両側から挟み押さえる事によって制動します。
また、足で操作可能なフットブレーキなどが存在します。

介助ブレーキのイメージ

この記事に関連したオススメ車いす

ノーパンクタイヤの自走介助兼用車イス。シートカラーが自由に選べます。

【ケアテックジャパン】自走介助兼用車椅子ハピネス
【ケアテックジャパン】自走介助兼用車椅子ハピネス
  • 介助ブレーキつき
【ケアテックジャパン】自走介助兼用車椅子ハピネス