卸売りだから出来る最大80%割引!

スチール製車椅子の利点と難点|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> スチール製車椅子の利点と難点

スチール製車椅子の利点と難点

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
頑丈で壊れにくいスチール車椅子

「重い」ことがデメリットと言われるけれど スチール製車椅子といえば、 やはり「頑丈で壊れにくい」ということが大きなメリットです。
病院や施設などを訪れる人が利用できるスチール製車椅子は、 やはりどの様な人でも乗りやすいように「頑丈で、誰が乗っても壊れにくいものである」 ということが重視されています。
しかし、それをおいてもスチール製の車椅子は 「重いことがデメリットである」と言われることが多いとか。
一般的に多く利用されているアルミ製の車椅子が10キロ前後であるのに対し、 スチール製の車椅子は20キロ近くになることも少なくありません。

スチール車椅子の写真
気になる重さ

たしかに重ければ重いほど介護者に対する負担は大きくなりますので、 「重すぎる」という理由からスチール製車いすが敬遠されることもあるそうです。
しかし、やはりスチール製車椅が持つ「頑丈さ」「壊れにくさ」は 何物にも代えがたい魅力です。また、安定感もあるでしょう。
施設や病院で利用する車椅子だと、色々な人が頻繁に利用するため 「どうしても丈夫なものを」ということになるでしょう。
施設や病院には必ずエレベーターがありますので、 「重くて動かすことができない」ということもありません。
この様に、「重い」というデメリットがあったとしても 「スチール製車いすの方が良い」という場所もあるのです。

スチール車椅子の写真

この記事に関連したオススメ車いす

ワンタッチ駐車ブレーキと握りやすいハンドリム

【テイコブ/TacaoF】標準型車いす B-09
【テイコブ/TacaoF】標準型車いす B-09
  • 介助ブレーキなし
【テイコブ/TacaoF】標準型車いす B-09