卸売りだから出来る最大80%割引!

スチール製車イスの話2|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> スチール製車イスの話2

スチール製車イスの扱い方

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
車イスの扱い方

これはスチール製車イスに限らないのですが、車イスの扱い方として基本的な動きを紹介します。
まず、介護者にとって重要なことは利用者との信頼感や安心感を与えることです。何か動作をする場合は必ず声掛けを行いましょう。
まっすぐ前進する時はブレーキを解除しゆっくりと前へ、後退する時は後ろを振り返って障害がないかを確認しながらゆっくりと下がります。
右折・左折の時は車の運転と同じように外側から内側へと大きく車イスを動かします。
後ろ向きも同じです。フットレストがぶつからないようなるべくスペースを広くとって動かしましょう。
スチール製車イスを動かす際気を付けなければならないのは、溝にはまった時や段差です。

スチールリクライニング車椅子のイメージ
スチール製車イスの重量

スチール製車イスは単体だけでも約13~18kgとあるのでそれに車イス利用者の体重もかかり、もし介護者が女性一人の場合ですと車イスを動かすのはなかなか大変です。 その際は無理をせず周りに助けを求めましょう。 無理をしたことで車イス利用者を転倒させるようなことがあっては決していけません。
段差上がりの際は車イスを段差に対してまっすぐに向けティッピングバーを押し上げるように踏み、グリップを下げます。
前輪を上げて前に進み次に後輪を上げることで段差を超えることができます。勢いをつけずゆっくりとが基本です。
段差下がりの時も下りに対して後ろ向きになりまっすぐ下ります。
キャリパーブレーキを左右均等に使用し徐々に下がりましょう。重量の動きによりガタンとならないよう慎重におります。
トイレですが、便器のそばまで車イスをはこび、固定させたままゆっくりと移動します。 利用者が不安定な場合は手を貸してあげ、きちんと便器に座れるよう介助しましょう。 とにかく基本は「声掛け」「ゆっくりと」です。特にスチール製車イスは重量がありますので事故につながらないよう慎重に行います。

声かけのイメージ

この記事に関連したオススメ車イス

跳ね上げ式アームサポート、エレベーティングスチール製介助用車椅子。

【松永製作所】跳ね上げ&エレベーティングタイプ CM-220
【松永製作所】跳ね上げ&エレベーティングタイプ CM-220
  • 介助ブレーキなし
【松永製作所】跳ね上げ&エレベーティングタイプ CM-220