卸売りだから出来る最大80%割引!

スイングアウト車椅子について|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> スイングアウト車椅子について

スイングアウト車椅子について

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
使いやすいスイングアウト車椅子

車椅子の中でも使いやすい機能を持っているのが、
スイングアウト車椅子です。
これは幾つかの部分が動くように設計されており、
乗り降りがとても楽な設定となっています。
どの部分が動くのかは車椅子によって異なりますが、
従来の車椅子以上に乗りやすい設定となっています。
そのため車椅子を長年愛用する方は、
スイングアウト型を利用していることも多くなっています。
スイングアウト型は、基本的には2種類に分かれることが多くなっています。
脚部の部分が動くように設計されているものと、
肘部分を跳ね上げるような形でスイングアウトするタイプの2つです。
肘部分については、肘跳ね上げ式の車椅子と同じ機能を持っていることが多いので、
今回は脚部スイングアウト車椅子について説明します。

スイングアウト車椅子のイメージ
脚部を動かすことが出来る

脚部を自由に動かすことができるという点が、
スイングアウト車椅子の特徴となっています。
これによって足の部分を仕舞うということが可能となり、
狭い通路に入りやすいメリットを持っています。
室内では様々な部分で車椅子の影響が出てしまうのですが、
スイングアウト車椅子であれば楽々と進むことができるのです。
車椅子の中に脚部を仕舞うことをスイングインと呼ぶのですが、
こうした機能を利用することによって、更に狭い部分にも入っていくことができます。
これは360度回転することができる部品によって実現している物で、
今までにない動きも可能になりました。 これがスイングアウト車椅子の良さであり、

狭い通路のイメージ
スイングアウト車椅子

スイングアウト車椅子が効果的と言われているのは、狭い通路が多い病院です。
病院は広い通路を作っている所もあるのですが、場所によってはかなり狭い場所もあります。 そうした部分に車椅子が入っていけるように考えた結果、
スイングアウト車椅子が生まれたのです。
脚部はどうしても幅を取りがちな部分ですから、
それを解消することによって、狭い路地も入っていけるようになるのです。 これならトイレの付近まで車椅子に乗ることができますから、足腰への負担も軽減されます。 何よりも介助する側にもこの機能は便利だと思います。
乗るための負担が軽減されることになりますから、車椅子に乗せる負担は減少します。 乗る所まで介助しなければならないということがないということが、
この車椅子には言えると思います。
そのため利用している方もかなり多く、
介護現場でも積極的に採用されている車椅子です。

病院のイメージ

この記事に関連したオススメ車イス

脚部スイングアウトと肘跳ね上げ機能付き。移乗がしやすい車椅子。

【ケアテックジャパン】 自走介助兼用アルミ製車椅子 コンフォート CAH-50SU
【ケアテックジャパン】 自走介助兼用アルミ製車椅子 コンフォート CAH-50SU
  • 介助ブレーキあり
【ケアテックジャパン】 自走介助兼用アルミ製車椅子 コンフォート CAH-50SU