卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子の適正サイズ・選定について|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 車椅子の適正サイズ・選定について

車椅子の適正サイズ・選定について

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ

車椅子の種類には大きく分けて2種類あります。
車椅子を使う人自身が自分の力で駆動する自走式車椅子や、
自分の力では駆動することのできない場合の介助用の車椅子です。
他にも簡単な操作で動く電動車椅子のタイプや、
垂直の座位が難しい人のリクライニング式車椅子。
リクライニング式は背中の角度が変えることができる車椅子です。
重量も軽量でコンパクトな旅行に適したものものもあります。
車椅子は使う人の障害の内容や使用する目的や、介助者の使いやすいもの、
使用する場所の環境によって、いろいろな用途を考えて選ぶことが大切です。

自走式車椅子のイメージ

車椅子の機能は座ることと移動することですが、介護場面では、
安全で簡単に移乗できて介護負担を軽減できることが大切な条件になります。
車椅子を使用する人が小柄か大柄か背が高いか低いか、
体格の違いに合わせて、その人にぴったり合った適切な車椅子を選んで、
身体に負担のないように調整をしなくてはいけません。
身体の小さい人が利用する場合は、
シートの奥行が長すぎて、身体の後に隙間ができてしまいます。
隙間ができてしまうと体が斜めになり、
お尻が前にずれてしまいます。
そのような時は、隙間のないようにウレタンのふとんなどを入れて調整して、
しっかり身体が車椅子の背もたれ部分に密着できるようにします。

介助式車椅子のイメージ

足を置くステップをフットレストといい、
フットレストの高さを適切な高さに調整しなくてはいけません。
フットレストが高くても低くても使いにくいし、
不安定な姿勢になり、身体に痛みがでてしまい長く座ることができません。
不適切な車椅子へ無理して座っていると、
皮膚が赤くなったり床ずれの原因になったりします。
フットレストが低すぎる場合はお尻に体重がかかって お尻に痛みが起きて、前にずれたり、 仙骨部がすぐ赤くなり床ずれが発生したりします。
反対にフットレストが高すぎる場合は、膝の角度が高くなり、
膝の後ろ側に痛みがでて、やはりお尻が痛くなり長く座ることができなくなります。
フットレストは、手で高さ調整ができ簡単に取り外しもできます。
フットレストに両足を乗せて両膝を水平にし、上半身を少し前傾姿勢にすると、
身体が安定して座位ができ、長い時間車椅子に座っても、
負担が少なく楽に車椅子を使用できるようになります。

フットレスト

この記事に関連したオススメ車椅子

オシャレで明るい小花柄。標準仕様 自走式の車椅子。

【マキライフテック】自走式 背折れタイプ車いす フロール EX-50
【マキライフテック】自走式 背折れタイプ車いす フロール EX-50
  • 介助ブレーキあり
【マキライフテック】自走式 背折れタイプ車いす フロール EX-50