卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子の適正サイズ・選定について4|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 車椅子の適正サイズ・選定について4

車椅子の適正サイズ・選定について4

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
●タイヤの選定について

エアータイヤとノンパンクタイヤがあります。
メンテナンスの面では、ノーパンクタイヤが優れています。
中にウレタンの芯が入っているので空気入れが不要で、パンク知らずです。
●折りたたみの形について
最もコンパクトになるのは、背折れタイプです。
背折れでないものは、たたんだ時の大きさはありますが、
座面を持ち上げるような動きだけですぐにたためます。
標準的な車椅子では、このように乗用車の
トランクに載せられるサイズに簡単にたためます。
リクライニングやティルティング機能がある背もたれの長いタイプでは、
ヘッドレストを縮めたり、背もたれをたたむなどしてたたみますから、
少しかさばりますが、車に積んで移動できるように配慮されているものが多いです。

車椅子のタイヤのイメージ
●背もたれの大きさ、リクライニングやティルティング

使用者の状態によって、状態の補助が必要な場合には、
背もたれが長いもの、ヘッドレストあるものが必要になってきます。
リクライニング機能で、背もたれの傾斜が調節できれば、
姿勢を保つのに負担を減らすことができます。
ティルティングでは、車椅子そのものの傾きをを調節することができます。
座位を保つことが難しい場合でも、傾きを調節することで体の負担が少なく姿勢を保つことができますね。
脳梗塞などで全身のバランスがとれない場合には、筋力的に問題がなくても
一人で座ることが難しく転倒しやすいこともありますから、
そういった場合にはヘッドレストがあり、
座面の傾斜を調節できるものが有効です。
拘束感が軽くなることも、使用者の負担を減らすことになります。

リクライニング車椅子のイメージ
●脚部のエレベーティング

車椅子には、足を載せられる場所がついていますが、
骨折で足を曲げられないといった場合には、
足を真っ直ぐにした状態で支えられるように補助できるものがあります。
これを、脚部のエレベーティング機能と呼んでします。
長時間座位で過ごしていると、「エコノミー症候群」の心配があります。
下肢の運動が少なく、血栓ができやすい条件に置かれている時には、
脚部を時々伸ばしておくと、防止になります。

エレベーティング車椅子のイメージ

この記事に関連したオススメ車イス

跳ね上げ式アームサポート、エレベーティング。

【松永製作所】跳ね上げ&エレベーティングタイプ CM-230
【松永製作所】跳ね上げ&エレベーティングタイプ CM-230
  • 介助ブレーキなし
【松永製作所】跳ね上げ&エレベーティングタイプ CM-230