卸売りだから出来る最大80%割引!

車イス卸センター> 施設での車イス

施設での車イス

車イスのまつわる話のタイトルイメージ
そもそも車イスの役割とは

私が働いていた施設には様々な車イスがあったのですが、その人の身体状況に合わせて使い分けていました。
施設では、その人がまだ持っている身体機能を維持して、それをリハビリによって少しでも向上させていきたいという目標を持って関わっていて、 そのために役に立ったのが自走介助兼用車イスでした。
まだ自分の力で車イスを動かせるという人に対してはそのタイプの物を使用してもらい、自分でできる範囲は自力で移動してもらっていました。
そして本人が疲れてしまったり、体調が悪い時には介助をさせてもらっていました。

自走介助兼用車椅子のイメージ
車イスにも色々種類が

使用している本人も、介助者が介助するばかりではなく、自分が行きたいところに自分の力で行けることは喜びに感じているようでしたし、 私たち介助者も限られた数なのでできるところをしてもらったら助かりました。
また、車イスを自分で動かすことで、身体の機能も維持できていて徐々に衰えていくという状態を防止できていたように思います。
元気な時は自走して、介助が必要な時には介助をするというタイプの車イスは、購入しても長く使えるものですし非常に便利だと思います。
施設では自走介助兼用の車イスの割合が多かったですし、在宅福祉をしている時も自宅で暮らす高齢者の多くがこの自走介助兼用タイプの車イスを使用していました。

自走介助車椅子

この記事に関連したオススメ車イス

初心者でも扱いやすいハイポリマータイヤ仕様のリーズナブルモデル。

【MiKi】BAL-1 自走介助兼用 シンプルスタンダード車椅子
【MiKi】BAL-1 自走介助兼用 シンプルスタンダード車椅子
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
【MiKi】BAL-1 自走介助兼用 シンプルスタンダード車椅子