卸売りだから出来る最大80%割引!

車選び・車椅子を選ぶ時のポイント|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 車選び・車椅子を選ぶ時のポイント

車選び・車椅子を選ぶ時のポイント

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
自走式と介助式

車椅子を購入しようと思っても、どれを選んでよいのか迷うことがあると思います。 車椅子は利用する方が主に自分で操作する自走用車椅子と、 介助する方が後ろから押して移動する介助用車椅子があります。
車椅子も高いものでは何十万とする物もありますが、 最近では値段が手ごろで使い勝手の良いものが発売されて購入しやすくなりました。 今回はお求めやすい手ごろな価格の車椅子について、いくつかご紹介したいと思います。
自走用(兼介助用)の車椅子では、株式会社ミキのスタンダード 自走式車椅子BAL-1は価格は手ごろながら、しっかりした作りになっています。 BAL-1は車椅子の中では軽量ですので、 車などに乗せて運ぶ場合にも便利だと思います。

車椅子の自走式と介助式の写真
タイヤについて

ノーパンクタイヤですので、パンクの心配をする必要もありません。 ノーパンクタイヤは時にソリッドタイヤとも呼ばれるタイヤで、 従来のタイヤのように中に空気が入っていません。
空気の代わりにゴムを詰めてあるため、 タイヤのメンテナンスを考えなくてもよいのが利点です。
人によってはノーパンクタイヤの車椅子に乗った時に違和感を感じる方もあるようです。 車椅子の乗り心地は使用する方にとっては重要なことですので、 お尻に負担がかからないように、車椅子専用の多層構造クッションを使用すると、 ノーパンクタイヤの違和感を感じることなく、楽に使用できるのではないかと思います。

車椅子のタイヤ
日進医療器

日進医療器株式会社の車椅子NEO-2も、ノーパンクタイヤの車椅子です。 福祉用具としては一流のメーカーの日進医療器のJIS認証の車椅子ですが、 リーズナブルな価格で販売されていることもあり人気があるようです。
JISマークというのは、日本工業規格に適合している製品にのみつけられるマークです。 日本工業標準審調査会が規格制定を行って、 経済産業省が認定した製品にJISマークが付けられます。
JISに認定されている日進医療器の車椅子は、 厳しい審査をクリアした信頼できる商品だといえましょう。 すべての車椅子にJISマークが付いているわけではありませんが、 JISマークがないからといって安心できないということではありません。 第3者が安全性を確認しているという意味においては、安心できる製品だということです。

日進医療器の車椅子
カワムラサイクルの旅ぐるま

介助式車椅子では、カワムラサイクルの旅ぐるまという 簡易車椅子を利用する方も年々増加しています。 旅ぐるまは、その名の通り国内や海外の旅に持っていく方も多いようです。
「旅ぐるま収納バッグ」も別売されていますので、 海外旅行に持っていくには大変便利だと思います。 コンパクトにたためるので、使わないときにはスペースをとりません。
旅先で使うにはお勧めの車椅子だと思います。 また、通院用に旅ぐるまを使用される方もありますが、 とても軽量でコンパクトですので、車からの出し入れも簡単です。
少し歩くこともできて、座る姿勢がしっかりとれる方でしたら、 旅ぐるまはかTPOに合わせて使い分けることかできる便利な介助用車椅子ではないかと思います。

旅ぐるま
シートの幅や奥行なども大切な要素

いくつかの車椅子をご紹介しましたが、ご紹介した以外にも多種多様な車椅子があります。 リーズナブルで使用する方も介助する方も満足できる車椅子が手に入れば一番良いのですが、 例えば肘掛けの高さや長さ、背もたれの高さ、 シートの幅や奥行など、使用する方に合った車椅子を選ぶことが大切だと思います。 室内で使うのか、外で使うのか、旅行先で使うのか、 といった具合に、使用する場所や生活環境によって、 車椅子を選ぶポイントも違ってきます。 車椅子で移動した後、すぐに立ち上がって歩ける方と、 車椅子からベッドや椅子に移動するのも困難な方とでは、 選ぶ基準も違ってくると思いますので、 使用する方が安心して使える車椅子を選ぶことがポイントだと思います。

車椅子の座面

この記事に関連したオススメ車椅子

軽量・高品質の高強度アルミ製フレームの介助式車いす。

【日進医療器】介助式車椅子 NEO-2
【日進医療器】介助式車椅子 NEO-2
  • 介助ブレーキつき
  • 軽量
【日進医療器】介助式車椅子 NEO-2