卸売りだから出来る最大80%割引!

役に立つ車いす選びのコツ|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 役に立つ車いす選びのコツ

役に立つ車いす選びのコツ

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
まずは自走式と介助式の二種類

車いすって身近なものではありませんよね? でも全く無縁というわけではありません。 もちろん使用しないならそれに越したことはないのですが、 誰かの急なけがや病気で突然必要になるのです。 必要になった時は、多少の混乱状態の時かもしれません。 そんな時に役に立つ車いす選びのコツをご紹介しましょう。
●車いすは、自走式と介助式の二種類があります。
自走式とは、車いすに乗っている本人が手を動かし、 自分で車輪を動かすタイプのものです。自分で動かすため車輪は大きいのが特徴です。 介助式とは、車いすに乗っている本人が車いすを動かすことができないので、 介助車が押して車いすを動かすものです。自分で漕がないので車輪は小さいものが多いです。

自走式・介助式の車椅子
折りたたみ式とメーカー

 ●折り畳み式か否か
 移動手段が主に車の方は、折り畳み式の車いすを選択してください。 折り畳んだ時の寸法も、各メーカのパンフレットに載っていますので、 必ず自分の車のトランク部分に入るかを確認してください。 ただし、折り畳み型の車いすの場合、座面は、シート式になるので長時間座った時に、 お尻や腰に痛みが出始めます。必要な場合は、 メーカーで別売りクッションが販売されていることが多いので確認しましょう。
●車いすの代表的なメーカーとは?
 車いすの代表的なメーカーは、ミキ・カワムラサイクル、松永製作所・ 日進医療器です。どのメーカも国内メーカーです。 どこのメーカーとも車いすのこれといった特徴はあまりありません。 ただ、座面の柔らかさ・背面ポケットの有無・ブレーキの利き具合は メーカーで違いが出てきます。大きな病院で、 主流メーカーがレンタルできるところがあるので、 乗る方に合う車いすを選びましょう。

折りたたみ車椅子
ノーパンクタイヤは便利だが少し重め

私は、個人的にいろいろなメーカーの車いすを試しましたが、 ミキの車いすのブレーキの利き具合が抜群であったことを 決めてにミキの自走式の車いすを選択しました。
●タイヤの種類
タイヤは、砂利などのでこぼこした道を走ってもパンクしない 「ノーパンクタイヤ」の車いすがあります。 従来のタイヤとは違い、タイヤの内部が全部ゴムで 満たされているのでパンクをしません。 ただし、すべてがゴムなので重量は重くなります。 持ち運びが多くなる方は、一度ご自身で持ち上げてから購入することをお勧めします。 ちなみに私は身長158cnの標準体型の女性ですが、 ノーパンクタイヤの車いすを購入し、 車のトランクに良く車いすを持ち上げる際、問題はありませんでした。

ノーパンクタイヤ車椅子
オプションと料金について

●補助器具の有無
場合によっては、酸素ボンベや吸入器を車いすに 取り付ける必要があるかもしれません。 これらの付属機器は各メーカーサイトの「アクセサリ」や 「付属商品」のところで紹介されています。 メーカーで品揃いに差がありますので、必ず確認してください。
●料金
一般的な車いすは10万円くらいはかかります。 電動式の車いすでは30万円くらいからあります。 身体障害者手帳の有無で補助金がおりる場合があるので、 各自治体に確認が必要です。また子供用の車いすはカスタマイズ (車輪にお気に入りのキャラクターのシートを貼るなど) すると料金がかかりますのでご注意ください。

子供用車椅子のイメージ
持ち運びの際に困ること

●持ち運び用のツールについて 私が車いすを購入した後の困ったのが、使用した後の車いすをトランクに入れる時、 車輪についた泥汚れがトランクが汚れて困りました。 雑巾を持って行きましたが、すぐに真っ黒になってしまい、 役に立たず困りました。必ずレジャーシートを敷くことをお勧めします。 あと、電車で移動するときに困ったのが、 車いすに乗る本人が自力で電車に乗れるくらいに回復し、 外出先で車いすを使用するかもしれない状況の時は、とても困りました。 車いすで電車に乗る時は、鉄道会社の方に手伝いをお願いしなくてはなりません。 周りの方からじろじろ見られて嫌な気分になることも多いのです。 ただ本人が自力で歩けるのなら、キャリーバッグに車いすを入れておけば移動も楽ですし、 人に迷惑もかけずに済みます。ただキャリーバッグの販売の種類がすごく少ないんです。

車のトランク
負担が軽減できる最適な車いすを

結局私はネットで購入しましたが、キャリーバッグで車いすで 運ぶとなると、かなり重量も大きさもあるので、 ご購入を検討されている方で、背があまり高くない方は、 バッグの横にとってがついているものがお勧めです。 今では、車で移動するときも泥除けになって便利なので、愛用しています。 車いす選びは、初めてのことも多く戸惑いがちですが、 準備を念入りにすることでそんなに難しいことではありません。 ぜひ、車いすに乗る方と介助する方にとって、 負担が軽減できる最適な車いすをお選びください。

収納バッグのイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

ノーパンクタイヤを標準装備。パンクの心配もなく、メンテナンスも楽々!

【マキライフテック】アルミ製ノーパンク車椅子 EW-20
【マキライフテック】アルミ製ノーパンク車椅子 EW-20
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
【マキライフテック】アルミ製ノーパンク車椅子 EW-20