卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 母と車いす2

母と車いす2

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
施設で利用している車椅子

そんな母でしたが、認知症の症状が進むと自宅での介護は難しく、施設のお世話になりました。
施設へ面会に行くと母のベッドの横にはいつもあのお気に入りの 車椅子がまるで子分のように付き添っていました。
母は施設からたびたび外出ということで自宅へ帰ったことがあります。
外泊はできませんでしたが、数時間の外出は気分転換にもなったことと思います。
もちろん車椅子に乗ったまま介護タクシーを利用してです。

母のイメージ
リクライニング車いすに替えて

その後、母の症状がさらに進み、車椅子に乗った状態で 自分の頭を支えるのが困難になってきました。頭が後ろへそってしまうのです。
さらに症状が進み、もう普通の車椅子では介護が難しくなってきました。
施設の人やお店の人に相談して、車椅子に取り付けるヘッドレストをレンタルすることにしました。
ヘッドレストのおかげで頭を支える力、つまり首や肩の筋肉が弱くなってきても、愛用の車椅子に乗って、 食事をしたり、ホールでみんなの様子を眺めたりすることができました。 施設から今度は重症者用の、まるでベッドのような リクライニング機能の付いた大きな車椅子を貸していただきました。
これならベッドから車椅子に移るとき介護者の負担が軽くてすみますし、 母にとっても負担が少なくなったことと思います。

黒のリクライニング車椅子のイメージ
思い出のお花見

このリクライニングの車椅子は全身が真っ黒でおしゃれとは言えませんが、 すでに話すこともできなくなった母にとっては ベッドに横たわった状態に近いので、快適だったと思います。
重症棟のホールに黒のリクライニング車椅子が並んでいる姿は圧巻でした。
昨年、施設から近くの公園まで花見に行ったのが母にとって最後の外出になりました。
施設の看護師が付き添い、満開の桜の木の下まで連れて行ってもらいました。
もちろんあの黒のリクライニング車椅子で。

桜の木の下のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

利用者の様々な体型・姿勢に対応できる頭から足元まで安定したシーティングシステム

【カナヤママシナリー】ティルト&リクライニング車椅子 emigo Ⅱ
【カナヤママシナリー】ティルト&リクライニング車椅子 emigo Ⅱ
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
  • リクライニング
  • ティルティング
【カナヤママシナリー】ティルト&リクライニング車椅子 emigo Ⅱ