卸売りだから出来る最大80%割引!

思い出の笑顔と車イス|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 思い出の笑顔と車イス

思い出の笑顔と車イス

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
ニコニコしていた車イスの祖母

祖母と私の写真では、祖母はいつも赤い車イスに乗って写っています。
私が産まれた頃には既に老人ホームで介護を受けていた祖母は、 半身麻痺で車イスを使用していました。
幼稚園の頃には、「お婆ちゃんの足はタイヤなんだよ」 という言葉を、特に不思議にも思わず車イスを押すのを手伝っていました。
幼稚園児の私には太った祖母をのせた車イスを押すことは大変でしたが、 祖母が「力持ちになったんだね」と、ニコニコと喜んでくれるのが嬉しくて、 力いっぱい押していました。大きな祖母を動かせる事が嬉しくて、 とにかく速く押すことを頑張っていたので、私は小走り状態でした。
その頃の私にとって車イスは力試しの道具のようなものでした。 車通りが少なかったとはいえ、道路を思い切り車イスで走られたら、 乗っている祖母は怖かったと思います。

カワムラサイクルの赤い車椅子
心地よく乗せてあげたいと思う気持ち

それでも祖母はニコニコして、私に車イスを押させました。
小学生になると、段差を越えるには前に押すだけではダメだと言うとこや、 乗っている祖母とお喋りしながら歩くには 出来るだけ揺らさないようにしたほうが良いことなど、 乗っている祖母の様子から自然に気づくようになりました。
祖母は車イスを押す私に、押し方についての苦情は一切言いませんでした。 「優しく押してくれてありがとう」と言われると、 心地よく乗せてあげたいと思うようになり、 乱暴な押し方はしないようになりました。
そして高学年になってくると、車イスを後ろに向けて、 全身に祖母の体重を受けながら段差を降りることも覚えていきました。
重たかった祖母も車イスで楽に押せるようになっていました。 車イスを使う家族が居たことで、介護や看護が身近に感じられていた私は、 看護師の道へ進むことになりました。

勉強する看護師のイメージ
看護実習で車イスの押し方を練習

看護実習では患者役を交代で行い、車イスの押し方も練習します。
学校で教わったことは、小さい頃から祖母を相手にやってきた 車イスの押し方となんら変わりなかったので、 同級生を車イスに乗せて廊下をスイスイと早めに歩きました。
すると友人は「乗ってみるとすごく怖いね」と言うではありませんか。 祖母の車イスを押してきた私は、上手く押せている自負があったので、 友人の言葉は納得がいきませんでしたが、 自分が患者役として乗ってみると、彼女の言い分がよくわかりました。
自分の予想よりはるかにスピードが早く感じられ、床の凸凹も不快に響きます。 急に立ち止まられたりすると、ガクンとつんのめってしまいます。 乗っているだけとはいえ、非常に疲れるものだという事がわかりました。
その時、小さい頃の私が面白半分、遊び半分で車イスを押して、 祖母はどんなに怖かっただろうと思いました。 車イスから落とすことは無かったとはいえ、スピードで走ったり、 ぐるぐる回したりしていたことを後悔しました。

車椅子を押すイメージ
思い出す祖母の愛情

そして、それでも文句を言わずに、叱ることもなく、 車イスを押す私を誉め続け体重を預け続けてくれた祖母のお陰で、 看護の道を選べたんだなと感謝しています。祖母の愛情の深さを感じた時でした。
もうその祖母は亡くなってしまいましたが、 今も患者さんを車イスに乗せるとき、時々祖母の重みを思い出します。
乗っている方は私に全体重、大袈裟に言うなら命の重さを 預けてくれているんだなと感じることもあります。
患者さんと車イスでお散歩をするときは、 乗っている方の声の調子や表情に祖母を重ねてしまいます。
祖母との時間で工夫してきたように、出来るだけゆっくり静かに歩きだし、 止まるときも乗っている人の体が揺れないように、 押すときの膝や腕、手首などいろんな場所を使って スピードをコントロールすると、祖母も昔のように、 天国でにっこり笑ってくれるような気がするのです。

車いすに座り笑う祖母

この記事に関連したオススメ車椅子

お洒落な赤ストライプの軽量車椅子。

【カワムラサイクル】自走介助兼用車いす BML20-40SB
【カワムラサイクル】自走介助兼用車いす BML20-40SB
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
【カワムラサイクル】自走介助兼用車いす BML20-40SB