卸売りだから出来る最大80%割引!

介護する側、される側の車いす|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 介護する側、される側の車いす

介護する側、される側の車いす

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
車いす の体験学習

学生の時、車いす の体験学習と盲人誘導という実習がありました。
普通科に通っていたのですが、奉仕の時間もあってとても有意義でした。
私は車いすに乗せてもらう役でしたが、まさか将来介護で この車いすを扱えるようになるとは思ってもみませんでした。 今はヘルパーさんの資格があるので、車いすの取り扱い方を知っている方も多いでしょうが、 私は父が車いすを必要とするまで、学生の時以来車いすに触ることもありませんでした。
父は背が高く、母は背が低い為 背が高い父を介護する母は、車いすを移動させるのにも苦労し、随分体を痛めたようです。

介護する側、される側の車いす
介助の実地訓練

車いすは移乗しやすいように肘跳ね上げ式の物を使用し、 父がベッドから車いすに乗り移るには、車いすの手を置くところをあげて、 ストッパーをかけて父を抱きかかえなければなりません。
その役目は小柄な母には難しく、大抵背の中間どころの私の役目でしたが、 長年の間の実習内容を忘れてしまった私はなかなか苦労してしまいました。
乗りおろしには車いすをどの方向に向け、体のどこに手を添えて、 どうやって椅子の正しい位置に置くか、 これもなれないとひじ掛けにお尻がぶつかって怒られたり、 車いすのストッパーを掛け忘れ一大事になりそうだったりと、 いかに実地訓練が車いすの介助には必要かを学ばせてもらいました。

車いすの移乗イメージ
介護の補助を求める

車いすは体によって幅も異なれば高さも異なります。 本当は介護する側の背の高さも考えなければ 腰痛の原因となってしまったり、毎日の移乗が難しかったりの原因になってしまいます。
ハンドル高さの調節機能のあるモジュール機能のついた 車いすなどが用意できるのであればしたほうがいいと思いました。 本人に合わせるのは当然ですので、あとは値段とプラス機能が どのくらい利用者と介助する人間とで使いやすい車いすであるかを考え選ぶかが肝心です。

介護する側、される側の車いす

この記事に関連したオススメ車椅子

介助者に合わせて押しての高さを調節できる便利な車椅子です。介助者の負担を軽減します。

【MiKi/ミキ】アップライトシリーズ UR-1 押し手高調整機能付 自走介助兼用車椅子
【MiKi/ミキ】アップライトシリーズ UR-1 押し手高調整機能付 自走介助兼用車椅子
  • 介助ブレーキつき
詳細はこちら