卸売りだから出来る最大80%割引!

外出時の車いす利用者の心理1|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 外出時の車いす利用者の心理1

外出時の車いす利用者の心理1

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
家族の車いす

私には重度の障害をもつ家族が2人います。
妹は先天性の病気で生まれたときから歩けず、子供のころから車椅子に乗って生活をしています。
母は脳卒中のため六十代で歩けなくなりました。当然、家には2台の車椅子があります。
妹が使うのは標準型の車椅子で、大きな車輪を手で操作できるタイプです。
母のほうはタイヤが小さく、リクライニング式になっています。
体が不自由になると出歩かなくなる人もいるようですが、我が家ではそれはありません。

車椅子
外出時の苦悩

車椅子というものはけっして特別なものではなく、自転車よりも身近な移動手段、大きな靴のようなもの、と考えているからです。
しかしどんなに慣れていても車椅子で町を歩くことは容易ではありません。
車椅子にとって何よりも問題なのは、階段です。
今は多くの駅にエレベーターが設置されて解消されましたが、巨大な階段を上り下りしなければホームへ行けないような駅は使うことができません。 レストランへ行くにも入口に数段の階段があると予約をためらいます。 友達の家に遊びにいきたくても、玄関前にけっこうな階段があり、訪問をあきらめたこともあります。
古い旅館にはエレベーターが設置されていないところが多く、由緒正しい旅館に泊まることはなかなか難しいのです。

駅のエレベーターの画像
タイヤがはまる

階段ほどは目立ちませんが、小さな段差やでこぼこ道も車椅子の天敵です。
「紅葉狩りに良いところがある、階段がないから車椅子でも行けるだろう」 と連れられていった先が神社で、たしかに階段はなかったのですが、代わりに敷地一面に砂利が敷き詰められていました。
車椅子の前輪はとても小さいため、砂利だとタイヤが沈んでしまい、進むのがとても大変なのです。
同じ理由で雨上がりのぬかるみも危険です。
お気に入りのガーデンカフェを訪れてみると前日の雨で庭がぬかるんでおり、 前輪が泥にはまりこんでにっちもさっちもいかなくなった、なんてこともありました。

紅葉狩りのイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

ソフトタイヤ仕様。中床と高床を選べます。

【カワムラサイクル】 アルミ製自走式車いす KA102SB
【カワムラサイクル】 アルミ製自走式車いす KA102SB
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
【カワムラサイクル】 アルミ製自走式車いす KA102SB