卸売りだから出来る最大80%割引!

バリアフリー普及のために2|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> バリアフリー普及のために2

バリアフリー普及のために2

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
危険な駐車スペース

地面が斜めになっているのは、おそらく雨水などが建物から敷地の境界の 側溝に向かって流れるような構造になっているためと思いますが、 だとすれば障害をお持ちの方々のことを考えて作った駐車スペースとは言い難いでしょう。
もう一つ気になったことがあります。
身体障碍者用の駐車スペースが、車の通る通路のすぐ脇にあったりします。
これでは安心して車への乗り降りができません。
車がいつ来るのかを気にしたり、待たせてしまったら気になってうまく車いすに移動できなかったりすることもあります。

駐車場のイメージ
場所・物だけではバリアフリーではない

父が車いすを利用するようになって初めてわかりましたが、世の中のバリアフリーはまだまだ建前であり、 障害のある人や、その家族の身になって考えていないというように感じます。
段差をなくしたり、さまざまな場所で、身体障碍者優先のスペースや施設を用意したりしていますが、 それで終わりとなっているのではないでしょうか。
本当のバリアフリーとは、場所や物ではなく、人の心にあるのだと思うようになりました。

バリアフリーのイメージ
相手の身になる

私が前述した例でも結局は人が作ったり準備したりしたものです。
その人の考え方が変わらなければ、同じような場所はバリアフリーの名のもとにどんどん増えていくのではないでしょうか。
あたかも良いことをしているようなつもりで、実は役にたたないものを増やしていくようにも思います。
このような状況を改善するには、もっと身体障碍者やその家族、身の回りの人の声を真摯に拾い上げることだと思います。

考え方を変えるイメージ
気づくことが第一歩

正直私も父が車いすを利用するまでは、こんなことは考えませんでしたし、また気づきませんでした。 そんな私であってもこうやって考えるようになったので、私以外にも同じようなことを感じたりしている人はいると思います。 その人たちの声を拾い上げ、さらには社会に広めていくことが本当のバリアフリーへの第一歩ではないでしょうか。

車いすのイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

丈夫なスチール車椅子。高級感のあるブラックレザー。設備用にもおすすめ。

【ケアテックジャパン】スチール製自走専用車椅子 ウィッシュ CS-10
【ケアテックジャパン】スチール製自走専用車いすCS-10
  • 介助ブレーキなし
  • ノーパンク
【ケアテックジャパン】スチール製自走専用車椅子 ウィッシュ CS-10