卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 外出の際の介助

外出の際の介助

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
大変だった外出

大変だったのはやはり外出時の介助です。
悪いことに当時住んでいた家は高台にあり、そのため四方に坂があります。
たまには外の空気を吸わせてやりたいですし、
ちょっとした買い物で気分転換をさせてもやりたい。
また、母は歯も悪くしていましたので、
近所の歯医者さんに定期的に通うという用事もありました。
そうした外出をする際、坂道を通らないわけにいきません。
その介助がなかなか骨の折れる仕事でした。
登り坂はまだいいのです。体力は必要ですが、神経を使う必要はありません。
大変だったのは下り坂。
それほどの勾配でなくても、少しでも下り坂になっていると神経を使います。
「もし、この手が離れてしまったら」と、条件反射のように想像してしまうのです。
その恐怖は、けっして小さなものではありません。
体力も使ったのでしょうが、
それをまったく記憶していないぐらい、精神的に堪えました。

坂道のイメージ
凸凹した道

口には出しませんでしたが、母も同じような想像をしていたにちがいありません。
その証拠に、体は弱っても口の達者だった母が、
下り坂になるとまったく口をきかなくなってしまうのです。
緊張していた証拠でしょう。
一番の難所はそのように下り坂なのですが、他にも困る道や場所があります。
1つは、アスファルトでない道。
商店街などで、おしゃれなデザインをした
ブロックの舗道などになっていることがあります。
見た目はきれいなのですが、車椅子で歩くと、そのでこぼこが、
車椅子に乗っている母に振動を与えてしまうのです。
たまにちょっとした段差に気づかず車椅子を押してしまうと、
その激しい振動に母は小さな悲鳴を上げることもありました。
大腿骨を痛めている母にとって、少しのでこぼこでも骨に響いてしまうのです。

砂利道のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

BALシリーズに軽量タイプ登場。力の弱い女性や高齢者におすすめです。

【MiKi/ミキ】BALシリーズ BAL-7 SP
【MiKi/ミキ】BALシリーズ BAL-7 SP
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
【MiKi/ミキ】BALシリーズ BAL-7 SP