卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 車椅子とストレス2

車椅子とストレス2

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
自走もなかなか難しい。

目的地にはたどり着けても、自分の思うルートで行くことはできない。
これはかなりのストレスになるのです。
中学生のアトラクション気分の体験ですらストレスに感じていたのですから、
それまで人の手に頼ることなく生きてきた祖父にとっては、
比べ物にならないほどのストレスになったことでしょう。
また、自分で操縦しているときであっても、車椅子というのは、自分の進みたいように進むのは難しいのです。
もちろん、長年車椅子で生活しており、車椅子の扱いに慣れている、という方はそんなことないと思いますが、 それまでに、一度も車椅子なんて乗ったことがない方にとっては、相当難しいです。
自分で動かしているのに、思い通りに動いてくれない、というのは、もしかしたら、 誰かに押してもらっているときよりもストレスになるかもしれません。

車椅子のイメージ
車椅子に乗るということ

このように、それまで普通に暮らしていた人が突然車椅子に乗る、
というのは、かなりストレスになるものです。
ましてや、私の祖父のように、年を重ねてから、
車椅子に乗り始めるというのは、若い時に骨折をして、一時的に車椅子にのる、 というのとは、比べ物にならないほどのストレスになります。
もし、身近にいるお年寄りが、突然車椅子が必要になったが、
それを嫌がる、なんてことがあっても、
その思いを邪険にせず、このような事情も
あるのだということを思い出してはいかがでしょうか。

空のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

ファッショナブルな自走用車いす。

【日進医療器】スタンダード車いす TK-10
【日進医療器】スタンダード車いす TK-10
  • 介助ブレーキなし
【日進医療器】スタンダード車いす TK-10