卸売りだから出来る最大80%割引!

車イス体験から考える1|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 車イス体験から考える1

車イス体験から考える1

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
車イスの体験授業

最近は学校や企業で車イス体験をするところも多いようです。
この取り組みの目的は、車イスを使って街に出たり生活をしたりすることによって、 どのようなことに困っているかということを知ることにあります。
それを知ることによって、車椅子を使っている人の気持ちに寄り添い、
思いやりの心を持つことができるように促しているのだと思います。

学校の画像
利用者の苦労を知る

しかしながら、車椅子体験をしてみて感じることは
「とても大変だ」ということに尽きると思います。
街の中にはたくさんの段差があります。
健常者であれば何も感じないような
少しの段差や斜面であっても進むのに苦労しますし、
広いビルや駅などで混雑している中、
エレベーターを探すのにも一苦労だったりしますね。
さらには、女性であればおしゃれを楽しみたいと思いますが、
車イスを操作するうえで長袖の袖元が汚れたり破れたりしてしまい、
お気に入りの洋服を傷めてしまうこともあるかもしれません。

駅のイメージ
バリアフリーでも大変

最近は街のあらゆるところにスロープがつけられていますし、
ユニバーサルデザインという言葉も身近に感じられるようになったと思いますが、
多くの人たちが集まる場所(たとえば、ショッピングモール等)には、
バリアフリー機能を重視したつくりにしなければいけないことが
法律で定められているのです。
そのために少しは車椅子でも過ごしやすい街になりましたが、
それでもやはり大変なこともあるのは事実です。

バリアフリーのイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

スタンダード車いす「エムワン」の介助用ブレーキ標準仕様。

【MiKi/ミキ】M-1シリーズ MPN-43JD
【MiKi/ミキ】M-1シリーズ MPN-43JD
  • 介助ブレーキつき
【MiKi/ミキ】M-1シリーズ MPN-43JD