卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 車いすでの外出

車いすでの外出

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
ヘルパー講習での車いす

車いすって、他人が押しているのを見ると簡単に見えますよね。 私が車いすを押したのは、ヘルパー講習の時でした。 車いすで移動する際、厄介なのは、段差です。
そとには、ありますよね、段差が。 歩道から、道路を渡ろうとするときも段差です。 段差の移動には、後ろの後輪のところにあるレバーを足で踏んで、 全部を浮かせます。この浮かせ加減が難しいです。
ヘルパー研修では、車いすを押す方と乗る方の両方を経験できるので、よくわかりました。 高く上げると、乗っている方は、怖いんですよ。 だからと言って、高さが足りないと、段を上がることができません。 乗っている方に、「ちょっと上がりますよ」と一声かけて、 それから浮かせると怖さも半減するようです。 私も研修の時に経験したのは部屋の中でした。

ヘルパーのイメージ
なかなか難しい車いすの操作

これが外になると、さらに難しいです。 現在新人ヘルパーとして働いていて、 たまに車いすを押すこともありますが、 外には、坂道や段差が多く、ハンドルをとられることがよくあります。
坂道は、勾配がきつい時は、逆向きに走行します。 段を降りる時も同様に逆向きです。 そうしないと、車いすから落ちてしまうからです。 この逆向き走行もなれないと難しいですね。
段を降りる時には、車いすの背もたれ部分に自分の太ももをあてて、 ゆっくりおろします。おろしたときの衝撃にも気を付けないと、 乗っている方にびっくりされてしまいますね。 本当、見るのとやるのでは、大違いです。

坂道のイメージ
自分で押してみて知る苦労

外で車いす押してる方は、簡単そうに押しているのに、 自分でやるとまっすぐ押すのも大変でした。 コツをつかむまでは、大変なものなんですね。
この前。歩道から、信号機のない道路を横断した時のことですが、 まず段を降りるのに逆向きで、降ろし、 でも道路の車も確認しなくちゃならず、はらはらしましたね。 さらに逆向きで降りているので、道路を渡る時には、 一回転すばやくさせ渡らなくてはならないので、焦りました。
いつも簡単に渡っている道も車いすで渡るとなると 注意しなくてはならない事がおおい事に気が付きました。 ベビーカーでも同様かと思いますが、車輪がみぞにはまる事にも 気を付けないと動けなくなってしまいますよね。 まだ踏切で車いすを押した事はないのですが、緊張すると思います。

段差のイメージ
体験内容をみなおす

お店の中に入った時などは、コーナーを曲がるのが困難なこともあります。 お店って、コーナーに商品が積んでる事がおおいですよね。 この商品に引っ掛けないようにまわらないといけないですね。 お店によっては、商品によって、 車いすが通るスペースがない場合もあるかもしれないですね。
昔ベビーカーをおしていて、商品が多く置いてあって、 通れなかった事がありました。 店員さんに「通れないんですけど」と一言いったのでが、 直してもくれませんでした。 誰でも気軽にお買い物できるお店が増えてきてくれるといいですね。
ベッドから車イス移乗するときって、 ベッドの高さを車いすに合わせて、 車いすをベッド横に真横におくのではなく、 45度くらいベッド側に向くように置いた方がいいですね。

ベビーカーのイメージ
みんなが同じ目線で

なるべく移動する距離がすくなくさせるのが、コツですね。 足腰がよわっている方は、移乗の際に膝がガクっと折れてしまう事もあるので、 膝を介助者の膝でガードしたりもします。
いまはベビーカーの場合は、雨の日には、 ビニールのカバーがありますが、 車いす用のものって、私は見たことがありません。
基本、雨の日の外出はしないって事になっているのでしょうけど、 どうしても出かけなくてはならない日ってあるものなので、 なにかいい雨の日グッズがあるといいなと思っています。
これからますます車いす人口は増えていくと思います。 昔に比べれば駅などもエレベーターが設置されたりして 車いすでの外出楽になってはきていますが、 もっと工夫が必要かもしれませんね。

雨の日のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

MIKIのおすすめ車椅子。初心者でも扱いやすいハイポリマータイヤ仕様のリーズナブルモデル。

【MiKi】BAL-1 自走介助兼用 シンプルスタンダード車椅子
【MiKi】BAL-1 自走介助兼用 シンプルスタンダード車椅子
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
【MiKi】BAL-1 自走介助兼用 シンプルスタンダード車椅子