卸売りだから出来る最大80%割引!

腰と両足骨折での車いす生活|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 腰と両足骨折での車いす生活

腰と両足骨折での車いす生活

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
両足と腰の骨折

3年半前両足と腰を骨折しました。 そしてだんだん回復に向かうと寝たまま乗れる車いすで 少しお散歩につれていってもらえました。 散歩はかなりの気分転換になるので看護師さんが 屋上まで押してくれて腰はまだ痛かったですが、ちょっと座れたことに嬉しかったです。
そして月日がたち通常の車いすになりました。 これはまた押してもらうのは楽だったのですが、自分での操縦するのは本当に難しいです。 なにしろ、少しでも傾斜があると、タイヤがそちらにとられてしまうので、 そんな時は思ったように進めません。そしてかなり力がいります。 ちゃんとした歩道のある幹線道路に出ると、 状況がよくなるのか…というとそういうわけでもないです。

車椅子に座る人と看護師さん
車いすと傾斜の負担

ちゃんと歩道の傾斜に流れる方向へ、車椅子も流れていこうとするのです。 普段私たちがみえていない傾斜まで車いすでは感じます。 段差解消のために付けられた斜路も、なかなかの曲者で、 斜路に対して角度を付けて横切ろうとすると、 車輪があらぬ方向へ持っていかれるのです。 交差点などの複雑な斜面では、予想も付きにくく苦戦することになります。
黄色の信号では絶対にわたりきれません。 むしろ青信号でも変わった瞬間に渡らなければ間に合いません。 大須のアーケードの歩行者専用で、道路の真ん中に 敷かれた滑り止めのカーペットの上を堂々と進んだときが、一番具合がよかったです。
地下鉄、電車の利用は、事前にエレベーターの位置が分かっていないと苦労しそうですが、 意外となれれば移動手段としては楽でした。 私は、あまり苦労をしたくなかったので、御器所の駅で しつこいぐらい駅員さんに聞いたのですが、とても親切で誠実に対応してもらえました。

交差点のイメージ
事前に調べておくことも大切

駅によってはエレベーターがないところもあるので事前に調べる必要があります。 エレベーターの位置さえわかっていれば車いすで電車を利用するのは楽でした。 駅員さんのアナウンスとかできちんと電車に乗せてくれたり、 おろしてくれたりするのでこれは困りませんでした。
レストランでの車いすでの利用についてですが、店員さんは、 そういったことには無関心で、こちらが気を使うことはなかった。 無関心というのは、不親切ということではなくて、 車椅子のスペースを空けるためにテキパキと椅子を片付けたりして、 やるべきこと(やってほしいこと?)はやっていました。
ただ、そんなに特別扱をしないで、自分のやれるようにできます。

レストランのイメージ
広いトイレが用意されているかは大切な注意点

たとえば、この席で車いすから降りて食事したいと言えばそのように席を用意してくれます。 付き添いがいればレストランは問題ないですが、さすがに一人はトイレなどは困るので 広いレストランなどや電話で先に確認が必要です。
最近、段差も降りれる車いすがでましたね。 これは衝撃も少なくて自分自身で階段降りれるので不便はなさそうです。 ただ、骨折時などは少しの衝撃でも痛いので不向きかなと感じます。 「人の動きや視線」では、地下鉄の車内で多少感じることがあったものの、 全体を通して気になるほどのものではなかったです。
やはり電車では視線はそちらへいってしまいますね。なので少し居づらいのはありました。 それよりも、「親切」を感じる事のほうが多かったです。

広いトイレのイメージ
不要になった車いすは施設に寄付

必ずと言っていいほど困っていたら声をかけておしてくれたり、 ものをよけてくれたりしていただけます。 駅には、エレベーターが設置されて間もない感じでした。 今から設置の箇所も多くて、出口が違う駅もありました。 それはわざわざ駅員さん呼んであけてもらわないといけないので不便でした。
1年ほどリハビリが必要だった為、私は車いすを購入して、 治療終わって歩けるようになったときに障碍者施設に寄付しました。 そのときは知り合いのところに寄付したのですが、「もう必要なくなったので…」と 言ったにもかかわらずすごく喜んでくれて、こちらも泣きそうになりました。 大切に今でも使っていただいてます。

自走式車椅子のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

軽さに加え、使いやすさと安全性を追求。鮮やかなブルーチェックの車いす。

【片山車椅子製作所】KARL カール 自走介助兼用 KW-901B
【片山車椅子製作所】KARL カール 自走介助兼用 KW-901B
  • 介助ブレーキつき
【片山車椅子製作所】KARL カール 自走介助兼用 KW-901B