卸売りだから出来る最大80%割引!

首から下が動かない祖父と車椅子|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 首から下が動かない祖父と車椅子

首から下が動かない祖父と車椅子

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
首から下が麻痺している祖父

現在、私には、首から下が動かない祖父がいます。 去年、階段から転げ落ちたのが原因です。 今回は、その祖父の介護に使用した車椅子とその時の体験談について記述します。
前述のとおり、祖父は首から下が動きません。 そのため、車椅子を押すときには、かなり気を使います。 首から下が動かないと聞いてどのようなことを想像されるでしょうか。
寝たきり・起き上がりができない・ 食事を自ら取れないなど様々な意見がでてくることでしょう。 しかし、ことが車椅子に及ぶとどうなるでしょうか。
まず、車椅子を普通に押す場合です。 スタート・押し始める場合には、かなりの力を使います。 だからといって、「ぐっ」っと勢いよく押すわけにはいきません。 健常者であれば、耐えられるかもしれませんが 首から下が動かない祖父の場合では、その力でさえ贖えず前に倒れてしまいます。

交通事故のイメージ
介助する人間の苦労

そのため、私は、出来る限り慎重にスタートし、 少しずつ、少しずつ力を加えていきます。 実は、この力の加え方は、かなり辛いものがあります。
例えば、ダンベルを持ち上げることを想像してください。 一気に力を込めて引き上げると楽に上がります。 一方、ゆっくり持ち上げようとするとどうでしょうか。 きつく感じるのではないでしょうか。 これと同じ状態を耐えなければなりません。
しかも、動き始めるたびにこのように気を使うので心身共に疲れてしまいます。 次に、車椅子で段差を超える場合です。 この場合には、普通に車椅子を押す以上に気を遣います。
むしろ、気を遣いすぎるほどでないと危険です。 通常、車椅子は大きな段差を乗り越えるのを不得意としています。 私の住む地域は、田舎ということもあり、大きな段差が数多くあります。 何回も述べる通り、私の祖父は、首から下が動きません。

日進医療機の車椅子
肘置きに肘が置けない祖父

そのため、段差を乗り越える際に体が倒れてしまう可能性があります。 この点は、前述の押す場合と代わりません。 一方、段差を超える場合には、もう一つ気をつけなければなりません。 首から下が動かないことは、腕が動かないことと同様なのです。 腕が動かせないという状態は、健常者には考えられない不安をもたらします。
車椅子は、その形状からして、 腕を左右の肘掛けにおいて使用する前提で作られています。 しかし、祖父は、腕が使えません。 最近、指がピクッピクッと動くようになりましたが、 自力で腕そのものを持ち上げることは未だにできません。
そんな祖父を載せた車椅子で段差を越えようとするとき、 腕が左右の肘掛けからずり落ちてしまうのではないかとヒヤヒヤします。 ずれ落ちることぐらいがなんだと思われるかもしれません。 ですが、祖父にとってはそれが一大事なのです。 筋肉が動かせない状態で腕が下に落ちると、脱臼する可能性があるからです。

車椅子に乗った女性
こんな車椅子があればいいのに

このような体験を通して、私は次のような車椅子があったらいいのにと考えます。 1つ目は、スタートの時に力を入れずに押し出せるような車椅子です。 私の知識不足かも知れませんが、原動機付自転車のような 車椅子があれば現場はかなり楽になるのではないでしょうか。
2つ目は、段差を乗り越える際に、 揺れやその傾きを小さくできるような車椅子です。 高齢者の方にとって、不意の動きというものは対応しにくいものです。 そのような動きを軽減することで、不安の軽減にもつなげることができるのではないでしょうか。
以上のような車椅子は、すでに開発がされているのかもしれません。 また、すでに発売されているのかもしれません。 しかし、我々はそのような車椅子について認識しているでしょうか。 企業は、情報公開にもっと力を入れてほしい、と私は考えます。 また、私達自身も車椅子の在り方について認識し直し、 来るべき被介護に向けて準備を進めたいものです。

介護士を夢見るOL

この記事に関連したオススメ車椅子

背もたれと脚部が優しく連動して動くリクライニング車椅子。

【カワムラサイクル】介助用フルリクライニング車いす RR60N
 【カワムラサイクル】介助用フルリクライニング車いす RR60N
  • 介助ブレーキなし
  • フルリクライニング
 【カワムラサイクル】介助用フルリクライニング車いす RR60N
※メーカーによっては肘置きのサポートグッズなどもオプションで販売しています。