卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 車椅子の未来社会

車椅子の未来社会

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
松葉杖の辛さからの解放

私は小学生の頃骨が弱かったのか、しょっちゅう転んでは骨折や捻挫を頻繁に繰り返していました。
足の骨を捻挫や骨折した際基本は松葉杖で移動するのですが、松葉杖は手や脇に負担が大きく、 足も手も至る所が痛くなり本当に辛いものでした。そこで出先でお世話になったのが車椅子でした。
車椅子での移動は手にも足にも負担が少なく、疲弊した体には非常にありがたい物でした。
あまり知っている方は多くないかもしれませんが(私も自分が使うまでは知りませんでした)、 大きめのお店などでは車椅子の貸し出しを行ってくれるところもあります。

バリアフリーの画像
車いす利用者への配慮

足腰の悪い方や歩くのが大変な方への配慮がきちんとなされているんだなと、
子供心ながらにとても嬉しく感じたのを覚えています。
車での旅行先で借りたこともありました。人混みの中で動かすのは少し大変なことではありましたが、
やはり手への負担なく動く事が出来るのは本当に嬉しく感じました。 高齢化社会が続いている昨今、車椅子の需要は確実に増えて行くと思います。 私のように骨が弱く車椅子のお世話になる方も、もしかしたら今後増えて行くのかもしれません。

車椅子の子供の写真
やさしい社会へ

しかし現状、まだ車椅子の方が移動しやすい世界とはお世辞にも言えないと思います。
車椅子だと少しの坂も段差も怖く、人の手を借りないと動けない場所も多いと使ってみて初めて気が付きました。
使い古された言葉ではありますが「車椅子に優しい社会」。 これが実現でき、より優しい社会となることを、一車椅子経験者としては祈っております。

車椅子のピクト画像

この記事に関連したオススメ車椅子

骨折時などに足を伸ばしておきたい際に。脚部エレベーティング機能付き。

【松永製作所】跳ね上げ&エレベーティングタイプ CM-220
【松永製作所】跳ね上げ&エレベーティングタイプ CM-220
  • 介助ブレーキなし
  • ノーパンク
  • エレベーティングスイングアウト
【松永製作所】跳ね上げ&エレベーティングタイプ CM-220