卸売りだから出来る最大80%割引!

突然必要になった車椅子|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 突然必要になった車椅子

突然必要になった車椅子

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
突然のケガ

ある日のこと、帰宅した父親が脚(というか、身体半分)を
引きずりながら車から降りて歩いてきました。
どうしたのかとたずねると、誤って高いところから落下したのだと言います。
自力で車に乗り、自分で運転してやっとのことで帰ってきたのだそう。
今となっては「連絡してくれれば迎えに行ったのに」と思いますが、
そのときはものすごく痛そうな様子なのにもかかわらず、
わたしの肩を借りることを拒む父に、杖代わりに傘を渡すので精一杯でした。
とりあえず布団を敷き寝かせたものの、
その「横たわる」という動作も困難なほど。

痛みのイメージ画像
病院へ

緊急そうではないものの、これはすぐに病院へ連れて行かなくては、 と思いましたが、年末で忙しく家族は全員出払っていました。
とにかくしばらく休んでもらいつつ、自分一人では到底父の 介護が出来るほどの力もないため、母に連絡しましたが、 忙しくて病院への付き添いは無理とのこと。他の家族も同様。
とにかく行かなければという思いに保険証をもって、 「自分ひとりで行くからいい」という父をなだめ何とか病院へ。
病院についたら父にどうやって移動してもらおうかと、 心配しながらの運転の道中でしたが、「あそこの病院の玄関には車椅子があったな」と思い当たりました。

病院のイメージ画像
ありがたかった車椅子

父も車椅子なら、というので、お借りする事に。
それまで車椅子というものには馴染みがなく、
実際に触れた事も初めてだったのですが、こういう時、本当に便利なんですね。
普段は使用したこともない車椅子でしたが、こんなに頼りになるものなのだとは知りませんでした。 幸い父の症状は大したことはなく、その後すぐに治療が終わりましたが、 予想以上に便利だと知った車椅子でしたので、なんとなくそれ以降、 スーパーでも、施設でも色々なところに貸出用の車椅子は置いてあるんだな、 と意識してしまうようになりました。
あの日、もしも病院に貸出用の車椅子を置いていてくださっていなければ、 自分は非力なため、父を移動させることもできず1人で途方にくれていたと思います。

車椅子を押すイメージ画像

この記事に関連したオススメ車椅子

力の弱い方でも軽い力で押せる軽量タイプの自走介助兼用車椅子です。

【カワムラサイクル】アルミ製 最軽量モデル ふわりす KF16-40SB
ふわりす KF22-40SB
  • 介助ブレーキつき
  • 軽量
【カワムラサイクル】アルミ製 最軽量モデル ふわりす KF16-40SB