卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 横倒しの危険性

横倒しの危険性

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
電動車椅子と手押し車椅子

たくさんの車椅子が市販されています。
その中には手押しと電動の2種類がありますが手押しは介助者が要る事で事故に繋がる事は少ないです。
近年のニュースで電動車椅子が街中の段差や鉄道の線路脇の溝に車輪が落ち込み、 高齢で足が不自由のために降りることが出来ず事故に巻き込まれるというニュースをきくこともあります。
電動になったという事で家族のサポートの必要が少なくなり、単独で街中に出かける事ができ、 様々な事故に遭遇することも想定できます。 電動車椅子は、座席が高いために重心が高くなることから、右左折の際に倒れる可能性が高まります。

車椅子ご利用者様のイメージ
座高の高低による違い

この事は車椅子に限らず、マイクロバスにも起こり得ることですが、急ハンドルをすると横倒しになる可能性が高いです。
これも自動車メーカーの設計で製造されていいますが、
それとは正反対の現象の、前輪と後輪の距離が短い事及び座高が高い事から不安定になり急ハンドルをすると倒れやすくなります。
大型バスは前輪と後輪の距離がありますので急ハンドルを取っても横に倒れる事はありません。
また座高を低くしていますので安定性があります。
安定性に注意しなければいけないのは、手押しより電動車椅子です。

バスのイメージ
車椅子で倒れた場合

健常者では倒れても怪我程度に済みますが、高齢者や身体障害者が車椅子で倒れてもどうする事も出来ません。
その辺りに人がいれば倒れた人を起こし、あるいは助ける事ができますが、 日常の生活では、単独の場合に横に倒れる事が多いです。
前輪と後輪の距離が短いために重心を低くする座席を考える必要がありますが、
製造する人は健常者の意識が強くなりがちで、弱者のための予測不能を考えにくいのかもしれません。

車椅子のイメージ
使う人のためを思ったものづくり

利用者の声や事故を目にしていますので声を聴いて製品化すれば良いのですが、それをしないのが国民性としてあると言えます。
独自の考え方で経済先進国になった経緯がありますが、利用者のニーズを参考にした製品がないために 他の経済後進国に販路が奪われそうになっている現実もあります。
電化製品でも外国の利用者の声を聴いての製品造りがないために、商品が売れないという問題が出てきています。
しかし、現在は使用者のために、介助者のためにと考えられた車椅子づくりが広がってきています。

電動車椅子のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

フレームを分割できるから、車への積み下ろしが楽々。狭いところにもスイスイ移動。。

【日進医療器】2分割コンパクト6輪電動車椅子 NEO-PR
【日進医療器】2分割コンパクト6輪電動車椅子 NEO-PR
  • 介助ブレーキなし
【日進医療器】2分割コンパクト6輪電動車椅子 NEO-PR