卸売りだから出来る最大80%割引!

母と車椅子での散歩2|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 母と車椅子での散歩2

母と車椅子での散歩2

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
家族の使う車いす

実は私も姉もヘルパーの資格を持っていて、 私は過去に2年程介護の仕事をしていたことがあります。
姉は現在もケアマネをしているので車いすの扱いには慣れていたのです。
そこで早速母を車いすに乗せて散歩させることにしました。
ところがヘルパーの仕事で高齢者を車いすに乗せるのと、 自分の母親を散歩させる為に 車いすに乗せるのとでは勝手が違うことが分かりました。
時間が決まっている介護の仕事の場合、 高齢者を「移送する手段」として車いすを使用します。
しかし身内を散歩させる場合には、 車いすに乗せている間も散歩をさせていることになるのです。

車いすの写真
ゆっくり景色を楽しみたい

介護の仕事として車いすを扱っていた私達に 母は「もっとゆっくり押してくれないと恐いよ」と言ったのです。
私達は目的地に向かってまっしぐらに 車いすで運ぶことしか考えていませんでした。
近くに公園があるのでそこまで一気に母を連れて行き、 そこで歩かせてあげようと思っていたのです。
しかし母にとってはその公園へ行くまでの道のりも散歩の一環で、 車いすに乗っていても満喫したい時間だったのです。
車いすは補助する側にとっては手っとり早く高齢者を運べるツールです。
しかし高齢者にとっては自分の脚代わりであり、 自分に合ったペースで動かして貰いたいと思うものなのです。

散歩道のイメージ
満足してもらえた車いす

それからは散歩に行くのもより時間に余裕を持ち、 「連れて行く」よりは「一緒に散歩をする」という意識を持つようになりました。
目的地は問題ではなく散歩の過程を楽しむことにしたので、 いつも公園へ行くとは限りません。
団地の周辺を回っておしまい、ということもあります。
しかし母にとっては車いすを使用しても自分のペースで 散歩ができることで安心感を持ってくれるようになりました。
途中で車いすを降りて歩くこともできて満足している様子です。

公園のイメージ
いつもの風景も意識すれば

今では出かける際に「車いすで通れるかしら?」と心配する様になりました。
車いすは自宅に置くと場所も取るし、介助する人がいないと 使用できないので面倒だと感じる人もいるでしょう。
しかし本人が納得する車いすを選び、 家族が本人の気持ちを理解してあげることで、 より前向きに外出したいと思ってくれる様になります。
車いすがあれば家族が散歩に連れていってくれる、 母にそう思って貰えるだけで有難いと感じています。

車椅子の後ろのイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

室内をスイスイ移動、介助式スリム・スレンダー車いすのスタンダードタイプ。

【MiKi/ミキ】Skit(スキット) スレンダー車いす SKT-1
【MiKi/ミキ】Skit(スキット) スレンダー車いす SKT-1
  • 介助ブレーキつき
【MiKi/ミキ】Skit(スキット) スレンダー車いす SKT-1