卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子で祖母にも笑顔が戻りました|車椅子にまつわる話

車椅子卸センター> 車椅子で祖母にも笑顔が戻りました

車椅子で祖母にも笑顔が戻りました

車椅子のまつわる話のタイトルイメージ
祖母の外出のために購入した車椅子

年齢とともに足が弱りほとんど歩けなくなった祖母は表情も日に日に暗くなっていきました。 動けていたころは自分でバスや電車を使い買い物や旅行など 楽しんでいた祖母だったので、歩けなくなってきた足とともに気持ちも弱っていたのだと思います。
週2回デイサービスに迎えに来てもらい、送ってもらう、それ以外の外出はほとんどしていませんでした。 そんな祖母に車椅子購入の話を持ってきてくれたのはケアマネージャーでした。 自分の腕の力では車椅子を動かすことのできないと祖母は躊躇していましたが、 車椅子で少しでも外出する機会が増えたり、笑顔が増えたりするならと車椅子購入を考え始めました。
業者さんがパンフレットを持ってきてくれましたが自走タイプ、介助タイプ、 超軽量、低床、値段も4万円代から20万円を超えるものなど様々な種類があることに驚きました。
祖母は自分では動かせないので介助タイプでよいこと、 体が細く小さいので小さめの車椅子でよいことなどアドバイスをしてもらい、 松永製作所の車椅子、介助タイプ「AR-311」を購入することにしました。

松永製作所のAR-311
車椅子でお寿司屋さんや花見に出かけることに

椅子の幅やシートの柄なども選ぶことができ、祖母も前向きになっていました。
実際に車椅子を見てみると、座る人が自分でつかんで回すところがついていない分 車椅子の幅が狭く感じ、何とか家の中でも動かすことができました。 折りたたむと意外に大きく重く車に乗せる時はほぼ一人分の場所が必要でした。
祖母に車椅子でどこに行きたいか聞くと「お寿司」と言ったので久しぶりの外出はお寿司屋さんになりました。 カウンター席に車椅子のまま座らせてもらい、大好きなまぐろ、 イカ、いくらなど4皿も食べ「おいしいね」ととても喜んでいました。
購入したのが冬だったので外出は暖かくなってからということになり、しばらくは家にいました。 春になりどこに行きたいか祖母に聞くと「花」と言ったのでお花見に行くことになりました。
桜と梅を見に行ったときは坂や砂利道などもありましたが、 車椅子のおかげで一回りすることができ、甘酒を飲んだりそこでも笑顔の祖母を見ることができました。
バラを見に行った時はついでにバラの鉢植えも買い、膝の上に乗せて帰ってきました。 そのバラは今でも祖母の部屋に置いてあります。 施設に入所している祖母の妹さんにも車椅子に乗り会いに行くことができました。
車椅子に乗ったおばあちゃん二人が机を挟んで向かい合い、何とも面白い光景でした。 久々の姉妹水入らずもうれしかったと思います。

お寿司のイメージ
ひ孫達の運動会へ

 外出で最も喜んだのはひ孫達の運動会だったと思います。 車椅子のため場所は見ている人の邪魔にならない後方で、 しかも何百人もいる子ども達の中からひ孫を見つけるというのはとても無理だと、 たぶん見つけられなかったのではないかと思いますが それでも「あれかい?」「走ってる」と声を出し笑顔で一生懸命応援していました。
運動会の帰りはひ孫達が順番で祖母の車椅子を押し、 それにも「ありがたいね」と涙を流して喜んでいました。 今度は温泉旅行に行きたいと話しています。
長時間の移動は祖母の体力的に大丈夫か、お風呂での車椅子は 無理ではないかなど色々問題はありますが、その話が現実になったらいいなと思います。
車椅子で外出するということは、それに付き添う家族の休みの 調整や負担など、外出する前に考えなくてはならないことがたくさんあります。
一つ一つのことに対し介助しなくてはならない身体的負担も実際にはあります。 でもそれを苦にするか楽にするかは自分次第だと思います。 車椅子一つで行動範囲がこんなにも広がり、祖母の笑顔も増え、 そんな祖母を見ることができ、祖母も家族も車椅子を購入して良かったと本当に思います。

運動会のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

ドラム式制動用ブレーキで坂道や雨上がりの路面でも安心の松永製作所の車椅子。

アルミ製スタンダード車いす AR-311
アルミ製スタンダード車いす AR-311
  • 介助ブレーキつき
アルミ製スタンダード車いす AR-311