卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 法律とステッカー

法律とステッカー

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
車椅子の国際シンボルマーク

国際シンボルマーク(International Symbol of Access)は、
障害をもつ人々にも住みやすいまちづくりを推進するため、
国際リハビリテーション協会(RI)により1969年に採択されました。
以来シンボルマークとその正しい使用法を普及させるため、
RIを中心とした国際的な取り組みが続けられています。

人が助け合うイメージ
国際シンボルマークステッカーの使い方

日本においては、特に1981年の国際障害者年を契機に
障害者間題への関心が高まり、このマークも広く使用されるようになりました。
国際シンボルマークが多くの人々に
知られるようになったことは喜ばしいかぎりですが、
反面、シンボルマークの主旨が誤解され、
誤った使われ方が増えていることも事実です。
このマークがかえって人々に混乱を与えてしまう場合すら出てきています。

車椅子マークのイメージ
ガイドライン作成と配布

このような状況をふまえ、国際リハビリテーション協会では1989年に
「国際シンボルマーク検討委員会」を設置し、
国内におけるシンボルマークの使用状況の調査(1990年)や、
シンボルマーク使用のための「ガイドライン」の
作成・配布(1991年)などが行われてきています。

車椅子の人のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

ノーパンクタイヤ採用。手に入れやすいお手頃お値段の安心車椅子。

【カワムラサイクル】WAVIT+ WAP22-40(42)S/A
【カワムラサイクル】WAVIT+ WAP22-40(42)S/A
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
  • はね上げ
  • スイングアウト
【カワムラサイクル】WAVIT+ WAP22-40(42)S/A