卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 車椅子と褥瘡(床ずれ)

車椅子と褥瘡(床ずれ)

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
車椅子と褥瘡(床ずれ)

まず車椅子の選定するときの必要な条件として、
ご利用者様の身体状態、ご利用者様の好みです。
それから、車椅子を選んでください。
ご利用者様がご自身でご購入いただく場合もあるとは思われますが、
ご家族や、周りの方が購入されるシーンも少なくはないはずです。
決して、安い買い物でもありませんし、
さらにはご利用者様にとっては、長い付き合いになるものとなります。
自走出来る場合にも身体状態により、
ご使用用途が変わるため、車椅子の種類もかわります。

クッション付きの車椅子のイメージ
在宅介護の市場拡大

例えば、足は多少不自由はあるが、両手が使え、ハンドリムにて直進、
もしくはご利用者様自身の行きたい方向に行くことができる。
このような場合は、自走式であれば問題はありません。
ですが、半身麻痺を患っておられますご利用者様であれば片手で
ハンドリム(前方推進力)、片足で地面を蹴る(方向転換)。
こういった移動方法になるため、座面は若干低めが目安となります。
介助車であれば、ご家族の方や施設の方の
支援で移動することが可能となります。

自走式と介助式の車椅子のイメージ
在宅介護の市場拡大

ここでなにより一番注意しなくてはならないのが、介助車でご利用いただく場合、
ご利用者様は、ほとんどご自身では操縦が不可能であるということです。
しかも、寝たきり状態の方であれば、ベッドと車椅子の往復であります。
ベッドであれば介護者により体位変換作業を行うため、褥瘡予防が可能ですが、
車椅子に座っているときは乗せるか下ろすしかないため、
褥瘡予防には十分注意しなくてはなりません。
クッション、座位保持・体幹保持クッションを利用することにより、
負担を軽減することが可能となります。 利用者の状態を十分に把握し、身体に負担をかけない商品の選定が必要になるでしょう。

褥瘡防止クッションのイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

通気性の良いメッシュシートで身体を優しく、ずれないように支えます。

【日進医療器】 座王シリーズ スタンダード NAH-521A
【日進医療器】 座王シリーズ スタンダード NAH-521A
  • 介助ブレーキつき
【日進医療器】 座王シリーズ スタンダード NAH-521A