卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 介助について 乗せ方

介助について 乗せ方

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
介助について 乗せ方

ご自身で車椅子に乗ることのできる方は、
ベッドから車椅子、車椅子からイスへ、自力で移動することができます。
介助者が移動される場合、移乗介助といいます。
この場合、おもに介助者が介護経験や知識を習得していると思いますが、
突如としてこのような状況になることも考えられます。
そのため、すこしだけ移乗について述べたいと思います。
まず、車椅子へ以上する際、車椅子の駐車ブレーキを必ずかけましょう。
そして、車椅子利用者の身体状態により介助方法は変わりますが、
半身麻痺の場合と想定し、ご説明いたします。
その際は、車椅子は利用者の健側に置きましょう。 そして、何もかもやってあげるのではなく、
利用者の出来る範囲のことは自身でやってもらいましょう。

移乗用車椅子のイメージ
在宅介護の市場拡大

力の補助として体を健側へ回転させてあげ、端座位状態にしてあげます。
そこで、介助者は利用者の腰へ手を回し、
利用者には介助者の肩に手を回してもらいます。
利用者の立つ力を補助してやり、横移動のように車椅子へ座らせてあげるのです。 なかなか文章だけで正確な移乗方法を伝えるのが難しいのですが、 介助者も毎日の動作となってくるため、やはり腰などへの負担を考え、 正しい知識を身に着けたいですね。 また、移乗に便利なトランスファーボードと言う車椅子からベッドへの 橋渡しとなる道具や、車椅子の肘置き部分がトランスファーボードの代わりとなる 車椅子など、多くのアイデア商品が開発されています。 介助される方、介助する方にとって、便利な道具が今後も開発され続ける事でしょう。

介護で移乗させるイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

肘が倒れ、移乗する際のトランスファーボードに。

【MiKi/ミキ】移乗に便利な横乗り車いす 介助型車いす LK-3 ラクーネ3
【MiKi/ミキ】移乗に便利な横乗り車いす 介助型車いす LK-3 ラクーネ3
  • 介助ブレーキつき
  • スイングアウト
【MiKi/ミキ】移乗に便利な横乗り車いす 介助型車いす LK-3 ラクーネ3