卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 車椅子選び方のポイント

車椅子選び方のポイント

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
選び方のポイント

利用者の身体状況や使用環境などを考えて車いすを選びましょう。
例えば、
・利用者が自分でこぐことができるのか、介助者が押して使うのか。
・自分でこぐ際に自分の足で地面をけりながら足こぎをするのか。
・介助者が押す場合、押し手のブレーキは必要なのか。
・主な使用環境として外で使用するのか、室内で使用するのか。
・車のトランクに収納できるようなサイズであるか。
上記のように利用者、使用環境によって選ぶポイントは様々です。 中でも1番のポイントは利用者の身体に合った車いすを選ぶことが大事です。

車椅子の写真
サイズの目安

では、利用者の身体に合った車いすの選び方を紹介したいと思います。
① シートの幅(座幅)
お尻の幅プラス3~5cmくらいが適正です。
目安としては車いすに座った状態で、両サイドに介助者の手が入る程度です。
② 背もたれの高さ(後座高)
肩甲骨の下まであることが目安。
③ シート奥行(座奥行)
背もたれにお尻をつけて座って、ひざの内側が少し出るくらいが良い。
④ 肘掛けの高さ
肘を無理なく曲げて乗せられるくらい。

座幅の目安画像
外出もできる

⑤ シートの高さ(前座高)
膝下の高さを合わせ、足がぶらつかいないように。
採寸の目安としてはご利用者の膝下からかかとまでの高さプラス5~8cm、 足こぎをする場合は0~2cmです。
車いすを使うと、家の中の移動もスムーズで、外出も出来るようになり、行動範囲が大きく広がります。
寝たきりにならず、周りの人達と一緒に生活するために、車いすを積極的にご活用ください。

前座高の測り方画像

この記事に関連したオススメ車椅子

ノーパンクタイヤのリーズナブルモデルの定番!蒸れにくいダブルメッシュシートタイプ。

【Care-Tec Japan】自走式アルミ製車椅子 ハピネス CA-10SU
【Care-Tec Japan】自走式アルミ製車椅子 ハピネス CA-10SU
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
【Care-Tec Japan】自走式アルミ製車椅子 ハピネス CA-10SU