卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 熱中症に注意

熱中症に注意

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
車椅子と熱中症

車椅子と熱中症とは、あまり関わりがないように聞こえますが、実はかなり深刻な内容です。
車椅子を運転する方の座高は、地面より約130cm前後。
実際に座ってみないとわかりにくいですが、小さなお子様と同じ位の高さになります。
夏の照り返す地面、アスファルトの温度は熱くなり、低い分だけ地面の熱が伝わりやすくなります。
暑いだけではなく、熱中症になる可能性が高くなります。
そこで、暑さ対策として、濡らすと冷えるタオルや保冷ジェルが入った首掛けタオル等々。

熱中症のイメージ
熱中症対策をしましょう

首元を冷やすと全体が冷えるといいます。
今はたくさんの便利グッズが雑貨店等でもそろいますね。
まずは水分、塩分、温度調節。
そして日よけ対策を徹底に行い外出することをおすすめ致します。
水分は特に大切です。バッグに水分は忘れずに持っていきましょう。 車椅子用のドリンクホルダーなどがあると便利ですね。

熱中症対策

この記事に関連したオススメ車椅子

車椅子に取り付けられる便利なドリンクホルダーです。

【エスマルクソーイング】車いす用 ドリンクホルダー
【エスマルクソーイング】 車いす用 ドリンクホルダー
【エスマルクソーイング】 車いす用 ドリンクホルダー