卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 病院での車いす1

病院での車いす1

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
病院で車いすを利用される方

私は看護師として、病院勤務の中で車椅子を使用しています。
対象の診療科が循環器内科で、主に心臓に疾患をお持ちの方が入院されているため、活動制限といい歩行も制限されてしまう方もいます。
ただ入院するだけでなく、歩行まで制限されると、精神的に辛くなる人ももちろんいらっしゃいます。
そこで、気分転換に利用するのが車椅子です。
歩行を制限されている人に車椅子に移乗してもらい、後ろから押して車椅子のまま外まで散歩に行きます。
その時期にあった花や木の実、時には落ち葉を見るだけでも、制限されている人にとっては笑顔が戻る瞬間になります。
病気の為だとはいえ、人は制限された中で生活するのは、とても苦痛を感じます。 それを少しでも楽にする手段の一つが、車椅子を使っての散歩で息抜きすることとだと思います。

病院のイメージ
室内より動かしにくい外での車いす

こんな散歩にも使用する車椅子ですが、車椅子は外ではとても動かしづらい側面を持ちます。
外には普段の前面にでは、気づかない程の段差があり、アスファルトの凹凸でさえ、障害に感じてしまいます。
タイヤの太さや大きさ、それにあった形になっているか、使用用途によっても多くの種類があるのは承知していますが、 一般的なもので外に出るのは押す人でも大変です。
これを車椅子に乗る人がこぐとなれば、なおいっそうのこと大変だと感じました。

散歩のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

ハイポリマータイヤ仕様のリーズナブルモデル。

【MiKi/ミキ】BAL-1アルミ製 自走介助兼用
【MiKi/ミキ】BAL-1アルミ製 自走介助兼用
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
【MiKi/ミキ】BAL-1アルミ製 自走介助兼用