卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子とバリアフリー社会|車椅子の豆知識

車椅子卸センター> 車椅子とバリアフリー社会

車椅子とバリアフリー社会

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
介助者の負担

以前住んでいた街で、ものすごくカッコいいサラリーマンがいた。
そのサラリーマンの方は車椅子なのだが、スピードがやたら速いのである。
私は当時バスで通勤していたのだが、バスの窓をのぞくと彼が見えるのだ。
きちんとスーツを着て車椅子に乗り、毎朝ものすごい勢いで駅まで爆走している。
途中、街路樹や石畳があるのだが、そこは器用に避けて颯爽と走っている。
駅まで着くと、エレベーターではなくエスカレーターで登っていく。
腕の筋肉がものすごく鍛えられていて、強いのだろうと思う。
私も、周りの人も最初見たときはヒヤヒヤしたので、
エレベーターを使って頂きたいというのが正直なところなのだが、
エレベーターを待つ・乗るという事がいかに面倒な事か、
私は子供のベビーカー時代に体験して知っているので、
このサラリーマンの気持ちが十分に理解できる。

サラリーマンのイメージ
椅子とは違う、車いす

いかにバリアフリーといったところで、使いづらければ意味がない。
この駅に付いていたエレベーターも、本当は車椅子の彼や、お年寄りやベビーカーが乗るべきなのに、 なんでもない健康な大人がぎゅうぎゅうになって乗っているせいで使えないのだ。
彼のように自助努力できる人にとっては、エレベーターよりスロープが設置されていた方が使い勝手が良いのかもしれない。
勾配を緩くすれば、車椅子に乗っている方で筋力のない人でもゆったり上り下りする事ができる。
補助するにしても力が少なくて済む。
ベビーカーも通れるし、子供にとっても安全だ。
そしてできれば、スロープはもっと広い方が良いと思う。

エスカレーターの写真
介助者の負担

先日、体格の良い車椅子の男性がスロープのちょうど曲がり角の部分に突っ込んでしまっているのを見たからだ。
電動車椅子に乗っている方で、手も不自由な方を見かける事があるが、 そんな方の乗ってる電動車椅子は互換性が良すぎて操作に精密さに欠く事があるようなので、 広いスロープで曲がり角を工夫できればもっと使いやすいのではないかと思う。
スロープにレールのようなものがあっても良いかもしれないし、
それに見立てたカラーテープがあっても良いのではないだろうか。
テープのガイドラインがあることによって曲がるポイントが定まり易くなるのではないかと思う。

電動車椅子

この記事に関連したオススメ車椅子

●フレームを分割できるから、車への積み下ろしが楽々。コンパクト設計で、狭いところにもスイスイ移動。

【日進医療器】コンパクト6輪電動車椅子 NEO-PR
【日進医療器】コンパクト6輪電動車椅子 NEO-PR
  • 介助ブレーキなし
  • はね上げ
  • スイングアウト
【日進医療器】コンパクト6輪電動車椅子 NEO-PR