卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子で外出介助をする時の注意点 |車椅子の豆知識

車椅子卸センター> 車椅子で外出介助をする時の注意点

車椅子で外出介助をする時の注意点

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
軽い素材の物を

車椅子には多くの種類があり、
軽くて持ち上げやすいものや、中には非常にしっかりとした丈夫な素材のものもあります。
車椅子で外出をする際には、軽い素材で折りたたんで持ち運びができるものにしましょう。
現在の日本ではまだまだドアツードアーでバリアフリーとはいきません。
タクシーを利用する際に、後部トランクに入れることも考えられます。
やはり介助者の持ち上げる際の負担を考慮することは大切になってくるでしょう。

トランクにつむ車椅子
サイドブレーキを必ず確認

また介助者には分からなくても、車椅子は揺れや傾斜には非常に敏感です。
電車に乗っている時には、揺れにより動いてしまうこともあります。
すぐ降りると思っていても、必ずサイドブレーキを確認しましょう。
・毛布や帽子は必ず持ち歩く 歩き続けているのではなく、
ずっと車椅子に座ったままの状態では、体感温度がマイナス2度位低くなります。
多少ぽかぽか陽気でも、毛布や膝掛けを用意しましょう。
車椅子は地面に近い分、温度差にも敏感です。 日差しがあるところでは帽子も必要となります。
お年寄りは皮膚の感覚が鈍くなっています。
暑くても気がつかずに熱中症や脱水症状を起こしてしまうこともあります。
飲み水は必ず持ち歩き、こまめに飲ませてあげましょう。

車椅子用ドリンクホルダー

この記事に関連したオススメ車椅子

折りたためば軽自動車にラクラク積めます。

【MIWA/ミワ】美和商事 介助式 車椅子 ミニポン HTB-12
【MIWA/ミワ】美和商事 介助式 車椅子 ミニポン HTB-12
  • 介助ブレーキつき
  • 軽量
【MIWA/ミワ】美和商事 介助式 車椅子 ミニポン HTB-12