卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 福祉車両について2

福祉車両について2

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
福祉車両に改造すると

① 例えば、ホンダのフリードやトヨタのシエンタ・ラクティスなどを現在普通の状態で購入して、車椅子生活になった時に福祉車両に改造してもらうことは可能なのでしょうか?
車種によっては出来ます。
私はトヨタしかわかりませんが、シエンタ、ラクティスは出来ます。
相談は全国にあるトヨタハートフルプラザで検索してみてください。
② ①ができる場合、改造にはどれくらいの金額がかかるものなのでしょうか? 改造によって違います。
例えば助手席シートをリフトアップする場合は改造費だけで569,000円~
これ以外に専用マットや輸送費、陸運局持ち込み手数料などかかります。
最初に改造されているものを買う方が安いです。

福祉車両のイメージ
福祉車両と資格について

③ 福祉車両を買うには何か資格がいるのでしょうか?
資格は要りません。
最初から改造されているものを買う場合も、改造する場合もです。
ただ、最初から装置が付いているものは、消費税が減免されます。
身障者手帳を介護される人が持っていれば、
その身障者等級によっては取得税の減免や自動車税の減免が受けられます。
同一生計で介護が必要な場合は、同一生計証明書があれば大丈夫です。
但し介護者が18歳以上の場合は車の名義人は介護者の方になります。
ディーラーの方がご存知のはずです。

福祉車両マークのイメージ写真
福祉車両のおすすめについて

④ 福祉車両には、後ろから車椅子ごと入るタイプと、助手席や後部座席が回転するタイプがあるようですが、どちらが使いやすいのでしょうか?
サイドリフトアップと助手席リフトアップという言い方になりますが、介護が毎日ではない場合はこちらでいいと思います。
後ろから車椅子ごと入るタイプは、毎日車椅子の方が乗り降りする場合には検討されるといいと思います。
⑤ みなさんが良いと思う福祉車両の会社と名前を教えてください。
基本的車椅子を乗せる場合は、トヨタではノアやヴォクシークラスが広くてオススメなのですが…
保管場所や値段の関係であれば、
シエンタなどスライドドアの車が使いやすいです。

車椅子のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

ハイポリマータイヤ仕様のリーズナブルモデル介助式タイプ。

介助型車いす シンプルスタンダード BAL-2
介助型車いす シンプルスタンダード BAL-2
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
介助型車いす シンプルスタンダード BAL-2