卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 福祉車両の話

車椅子で遊園地

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
車椅子の友人

福祉車両は各社で呼び名が違いますが、ウェルキャブやフレンドマチック車など 色々なメーカーの特色を比較してみるのも良いでしょう。
福祉車両対応ではない一般の乗用車も、車椅子仕様に改造して乗ることが出来ます。
このような改造は、運転補助装置が外付けになるため、見た目はあまりよろしくないのですが、 自分の乗りたい車を自由に選べるという利点があります。
憧れていた車にも補助装置があれば乗ることが出来ます。
福祉車両は一般の車と同じように移動出来る一方、駐車スペースの優先利用や、 申請すれば駐車禁止の区域でも特別に駐車可能の許可証が下りるなどの特別措置がありますので、 それぞれの居住や勤務先の市町村に問い合わせると良いでしょう。

車を運転するイメージ
福祉車両の活躍

自力で運転が出来ない場合は、車椅子から座席へ移乗し、 トランクルームや座席に車椅子を畳んで収納する方法と、 福祉車両として車椅子ごと乗り降りが可能なタイプを選ぶという選択肢があります。
前者の場合は、車のシートへの移乗を手伝ったり車椅子を 毎回たたんで持ち上げるという動作が必要になるため、介助する人への肉体的負担は想像以上に大きなものです。
このような負担を軽減するために、車椅子の収納を補助する自動装置なども販売されています。
介護者の身体的負担を考えると車椅子ごと乗り込めるタイプは安心ですが、 本来ならば後部座席やトランク部分に当たる車の内部空間のうちのかなりの部分を占有するため、 一般的な乗用車としての利用が難しくなる点があります。
その他にも助手席のシートが回転して車椅子からの移乗がしやすいタイプや助手席がリフトアップするものなど、 各メーカーから様々なタイプの車両が出ているので、必要な機能を満たした車を探すのも容易になっています。

トランクに積む車椅子

この記事に関連したオススメ車椅子

病院や施設でご利用しやすいハイポリマータイヤ仕様。

【カワムラサイクル】アルミ製標準車いす KV16-40SB
【カワムラサイクル】アルミ製標準車いす KV16-40SB
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
【カワムラサイクル】アルミ製標準車いす KV16-40SB