卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 介護タクシーについて2

介護タクシーについて2

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
3.料金について

介護タクシーは車椅子の方をはじめ障害を持つ方や高齢の方のための移動サービスですが、 移動費の部分については介護保険の対象とはならない点を押さえておきましょう。
一方、通院等乗降介助に掛かる費用については介護保険の対象となり、1割負担となります。
具体的に介護タクシーの利用に掛かる費用の例としては、タクシー料金(全額負担)+通院等乗降介助(1割負担)ということになります。
ただし、介護タクシーの料金体制は地域ごとに異なりますので、必ずしも上記の通りとなっているとは限りません。
ですから、介護タクシーを利用される方は、必ず事前に料金に関する情報も得ておくようにしましょう。

車椅子のイメージ
4.車椅子の方のための介護タクシーの種類

車椅子の方のための介護タクシーの種類は車両に応じて3つに分けられています。
1つは軽自動車タイプ、2つ目は普通車兼用タイプ、そして3つ目はリフト付き専用タイプです。
それぞれの車両にメリット・デメリットがありますので、身体の状態や住んでいる地域に応じて利用すると良いでしょう。
具体的には、軽自動車は小回りが効くため狭い場所であっても乗降が楽ですが揺れが大きいことから長距離の移動には適していません。
普通車兼用タイプは、依頼から利用までの対応が素早いですが、兼用のため車内が若干狭く感じるという方が多いようです。
そして、専用タイプは大型の車両のため、車椅子の方以外にも複数人が乗ることができ揺れも少なく抑えられています。

タクシーの写真
5.移動サービス以外のサービス

介護タクシーを利用する場合には、移動以外のサービスを受けることができることもあります。
例えば、目的が病院への通院であれば病院への付き添い、買い物であれば買い物の付き添いなど生活一般の援助も行ってくれます。
6.利用可能時間
介護タクシーは病院への通院を本来の目的としていることから、利用可能な時間帯は通常は8時~18時となっていることが一般的です。
ただし、必ずしも上記の通常時間に限定されているわけではなく、緊急事態の際などには早朝および深夜の時間帯にも利用することが可能です。
介護タクシーは車椅子の方が充実した生活を送るにあたって大切便利なサービスですので、ぜひ利用を検討されてみて欲しいと思います。

車椅子のイメージ2

この記事に関連したオススメ車椅子

独自の曲線フレームが乗り心地とコンパクトさを生み出しました。

【カワムラサイクル】アルミ製 自走介助兼用車いすWAVIT(ウェイビット)
【カワムラサイクル】アルミ製 自走介助兼用車いすWAVIT(ウェイビット)
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンク
【カワムラサイクル】アルミ製 自走介助兼用車いすWAVIT(ウェイビット)