卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子での移動についての実体験 |車椅子の豆知識

車椅子卸センター> 車椅子での移動についての実体験

車椅子での移動についての実体験

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
移動の苦労

生まれつき「脳性まひ」という、身体障害を持っている車椅子ユーザーで
自宅では手動、出先は簡易電動を用いて、日常生活を送っている。
これまで苦労した事は沢山あります。特に困るのが移動手段である。
実体験をもとに説明していこうと思う。
例えば、外出しようと思って、バスに乗ろうとする。 
この時、“あまりにも乗車人数が多いといくら固定する部分が備え付けられた
ノンステップであったとしても不可能になる“という事実がある。

車椅子のイメージ
福祉タクシーの利用

ただでさえ場所をとる車椅子。
それプラス大人数といった状況になると、困難なのだ。
おまけに、固定が雑なので、車内が揺れると怖い。
数回、これを見守りに来ていた家族がおこなった。
それを思い知った19歳。でも帰宅する為に停留所で待っていました。
車が止まって自動ドアが開いた瞬間、無理だと判断し、そこからどうしたかと言うと、 自分が運転免許を取得していないので母と一緒に家に帰り、
問題は解決しましたが、これを機に利用する公共交通機関を
「福祉タクシー」に変更。
が、これは非常に代金が高額になる。
自宅から自身の通院する病院まで片道1,520円。
障害者手帳と金券の割引がなければ、おそらく使わないだろう。

タクシーの写真
予約も一苦労

「普通のタクシーがそんな高いなら、普通の車両を頼んだら」
と感じている方も多いはず。
しかし、そうすると今度は、トランクに積んだ椅子がはみ出る。
それは自分だけでなく他人にも迷惑だし、
タクシー会社にも断られるので今の方法しか無い。
というより、うちの両親が働いているので、 平日親に送迎を頼むという選択肢を外していると書いたら正しいだろう。(母はパートだが私の時間と会わない)
それも何故か現在1台しか無いらしく、予約をするのが大変で予定が分かっていれば何か月も前から、 事前に空き具合を電話で聞いたうえでお願いしなくてはなりません。その利用が月一回程度なら良い。(続く)

タクシーの写真2

この記事に関連したオススメ車椅子

JISマーク取得の安心・安全なアルミ製自走式車椅子。

【松永製作所】ECOシリーズ アルミ製スタンダード車椅子 ECO-201B
【松永製作所】ECOシリーズ アルミ製スタンダード車椅子 ECO-201B
  • 介助ブレーキつき
【松永製作所】ECOシリーズ アルミ製スタンダード車椅子 ECO-201B