卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 車いすに関する思い出

車いすに関する思い出

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
車いすの同僚

それまで車いすというものに関わったことのなかった私は、 車いすの方と一緒の職場になった経験で、具体的にどのような生活であるかの一端を知りました。
詳しい事情は聞いたことはありませんが昼休みにトイレに入ると、 やはり移乗などにだいぶ長い時間を要するということが分かり、 電話の取次ぎなど「トイレ中です。」とは言えないので多少気を遣いました。 また、床に画びょうが落ちていないか、ということも気を付けるように言われました。そのくらいでしょうか。
その他、職場では特別介助する、ということはなかったですし、 オフィスワークについては何のハンディも感じたことはありませんでした。
飲み会やキャンプなどもちろん一緒に行きました。 それは20年も前の話ですので、ユニバーサルデザインなど微塵のかけらもない時代のことです。
職場の同僚は特別仕様のホンダアコードというスポーティな車に乗っていて、 腕だけで運転する車にもよく載せて頂きました。車いすは日進医療器の物で、おしゃれでかっこいい方でした。

オフィスのイメージ
食事の際には店に断りを

食事の際などにはどんな場所であるか、配慮はしてもらえるかという 交渉が少々面倒でしたが受け入れてくれる店は 基本的に料理やもてなしも良いということに気が付きました。
何年か前、乙武さんのレストラン入店拒否事件がありましたが、 エレベーターがあるかないかだけの問題ではなくやはり配慮であったり、 事前の確認であったり人の心の問題だと思います。
随分前のことではありましたが、こうした幹事の経験はその後、 自分の親の介護をするようになって生かされており、 人の思いやりの気持ちとはお互いに歩み寄り合うことが大切なのだと、改めて思います。

レストランの写真

この記事に関連したオススメ車椅子

メンテナンスフリーのノーパンクタイヤを採用した、使いやすくリーズナブルな車椅子です。

【日進医療器】自走介助兼用車椅子 NEO-1
【日進医療器】自走介助兼用車椅子 NEO-1
  • 介助ブレーキつき
  • ノーパンクタイヤ
【日進医療器】自走介助兼用車椅子 NEO-1