卸売りだから出来る最大80%割引!

車椅子卸センター> 車いすに関する思い出2

車いすに関する思い出2

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
老人ホームにて

伯母がかつて入所していた老人ホームで家族のボランティアとして お手伝いした仕事の中に「車いすの掃除」がありました。
ブラシを使っていろいろな場所にたまっているほこりや食べ物のくずを掻き出してきれいにする作業です。 移動や食事でどうしても汚れていくことは避けられません。 しかし、中には何年も掃除をしていないと思われる相当に汚れたものもありました。
老人ホームの車いすは抵抗力のないお年寄りが利用する為、汚れは大敵です。
車いすは作れば終わり、ではなくこうしたメンテナンスにも気をつかってほしいと思います。
例えばコンプレッサーのようなもので細かいところのゴミをすぐに落とせる機械であるとか、 ゴミを取りやすい構造にするとか工夫されればいいなあと思いました。また、移動ばかりでなく、 荷物の運搬がもっと機能的にできるカゴであるとか、 ポケットなどあれば色々活動できる車いすの方には必要ではないかと思いました。

車椅子のイメージ
病院の車椅子

病院の入り口にある車いすは、大変旧式で動かしにくく、
おひとりで利用するには重くて負担が大きいように思うことが多いです。
おそらく、家族の介助を最初から期待しているのだと思いますが、 もっと軽くて便利な新しいものにどんどん更新してほしいです。
また、入り口に置きっぱなしではなく利用する人がいたら 様子をみて介助する人がだれかいてほしいです。
もしボランティアの方がいればそのようなお手伝いがほしいと思いました。
これは大型スーパーでも同じなのですが。

タクシーの写真
ハワイの公共バスで

ハワイでは、公共バスに乗ってくる車いすの方も当たり前にいます。
「乗客の皆さん、道を空けて下さい。」というドライバーの声掛けに、
言葉が分からなかったのか状況をみてもすぐに反応しない 日本人観光客がおり、同じ日本人として恥ずかしいと思ってしまいました。
ロサンジェルスの遊園地では、「道を空けて!」と 後ろから叫んでいるのにも気づきにくい日本人もいました。
もしかするとアメリカの方からすれば、日本では車いすの技術は 最高でもそれを使う人の「ハート」がまだ開発途上だ、 と思われてしまうのではないかなどと、思ってしまいます。
東京オリンピックに向けて、色々新しい建物にはより一層の 心のユニバーサルデザインのコンセプトを取り入れてほしいと思います。

車椅子のイメージ

この記事に関連したオススメ車椅子

丈夫なスチール車椅子。高級感のあるブラックレザー。設備用にもおすすめ。

【Care-Tec Japan】スチール製自走専用車椅子 ウィッシュ CS-10
【Care-Tec Japan】スチール製自走専用車椅子 ウィッシュ CS-10
  • 介助ブレーキなし
  • ノーパンク
【Care-Tec Japan】スチール製自走専用車椅子 ウィッシュ CS-10