卸売りだから出来る最大80%割引!

車いすで行くことができる場所1 |車椅子の豆知識

車椅子卸センター> 車いすで行くことができる場所1

車いすで行くことができる場所1

車椅子の豆知識のタイトルイメージ
骨折した母

認知症の母は5年ぐらい前に、大腿骨頸部骨折という骨折をしてしまい、
それ以来車いすを常時使用することになりました。
それ以前は平坦な所では、屋外であっても自分で歩くこともできていたのですが、 さすがに骨折の後は自由に歩行することは難しくなってしまいました。
グループホームでお世話になっていたのですが、
月に1回程度小学生の次男などを伴って、面会と外出をさせていました。
それが、骨折後は車いすでの移動となりました。
なんとか手伝いながら車の乗り降りができたので、
車いすはおりたたんで車に乗せ、いろいろなところに連れ出しました。

画像の名前
ハンディキャップ者用トイレ

定番となっていたのは温泉です。バリアーフリーの
家族風呂のあるところを捜し、よく行きます。
そもそもそのようなところは車いすを押すことが大変というようなところは
あまりなく、スムーズに介助させて頂きました。
車いすで移動するときに気を使うのがトイレです。
歩行でのトイレの利用が難しいので、どうしても、広いハンディキャップ者用のトイレがあるところで用を足してもらわなければいけませんでした。
そうしたトイレが確実にあるのが、大きなスーパーやショッピングモールなどでした。 確実に広いそのようなトイレがあるので、休憩やちょっとした買い物がてらトイレを利用するのが習慣になっています。

画像の名前
便利なショッピングモール

なかには、ちょっと使いづらいかなと思われる構造のところもありましたが、
ほとんどのところは十分な広さと手すりなどの設備が設置されています。
中には、コンビニエンスストアでも立派なハンディキャップトイレがあるお店もありました。
公共の設備・施設よりもそうした商業施設の方が使いやすい印象です。
いろいろな層のお客さんに来てもらいたいのだと感じるところです。

画像の名前

この記事に関連したオススメ車椅子

クッション性の良いエアタイヤ仕様。(空気補充が必要)。

【カワムラサイクル】アルミ製自走式車いす KA202SB
【カワムラサイクル】アルミ製自走式車いす KA202SB
  • 介助ブレーキつき
【カワムラサイクル】アルミ製自走式車いす KA202SB